【スワンステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【スワンステークス 2018 予想オッズ】

odds_ss

スワンステークス2018 [出走予定馬短評]

マイルCSへのステップレースに位置づけられるスワンステークス。近年はサトノアラジンやサングレーザーなど、勝ち馬がその後にマイル戦線の中心を担う活躍をみせている注目のレース。ただ今年のメンバーを見渡すと、春のマイル王・モズアスコットこそ登録しているものの、その他は近走での重賞好走馬も乏しく手薄なメンバー構成。モズアスコットが、一本被りの1番人気になってきそうな雰囲気がある。

スワンステークス2018 予想オッズ/モズアスコット(1.6倍)

前走・安田記念(G1)では、異例の連闘策が功を奏し、豪快な追い込みを決めて初G1制覇。走破タイム・内容ともに優秀で、今後マイル戦線の中心となっていくスケールの大きさを感じさせた。脚質に自在性があり、デビュー以来4着以下のない堅実さを備えているため、軸馬としても信頼度が高いタイプ。春秋マイルG1制覇に向けて、順調な始動戦を期待したい。オッズは、1倍台が予想される。

スワンステークス2018 予想オッズ/ロードクエスト(7.2倍)

前走・京成杯オータムH(G3)では、直線しぶとく伸び続けて4着善戦。これで2戦続けて重賞で好走しており、ようやく上昇ムードが出てきた。芝1400mは、過去2戦していずれも掲示板確保している得意距離。2歳時以来、久々にデムーロ騎手が騎乗するのも大きな魅力。鞍上強化を追い風に、2年ぶりの重賞制覇を狙う。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

スワンステークス2018 予想オッズ/レーヌミノル(9.3倍)

桜花賞制覇以降は馬券対象から遠ざかっているが、G1中心のローテで常に一線級と走っており同情の余地はある。京都の短距離戦は昨年マイルCS(G1)で0.2秒差4着と大健闘しており相性の良いコース。今回はモズアスコットを除けば相手関係が大幅に楽になっており、久しぶりに上位争いに絡む走りが期待できる。オッズは、7倍から10倍台が予想される。

スワンステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

ヒルノデイバローは、昨年このレースで12番人気の低評価を覆し2着激走。ここ数戦はスプリント中心のローテだが、1600m以上で3勝を挙げているように距離延長に不安はない。京都コースも【2.3.1.5】と最も好走率の高い相性の良い舞台。ムラ駆けタイプの馬なので、近走成績で人気を落とすなら馬券妙味あり。展開面の助けさえあれば昨年の再現もありえる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA