【富士ステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【富士ステークス 2018 予想オッズ】

odds_ss

富士ステークス2018 [出走予定馬短評]

マイルチャンピオンシップへの前哨戦に位置づけられる富士ステークス。昨年はエアスピネルがこのレースを制し本番でも2着好走したように、G1と親和性が高く下半期のマイル戦線を占ううえでも重要なレース。今年のメンバーを見渡すと、人気面ではペルシアンナイトとエアスピネルの2強ムードになりそうな雰囲気がある。

富士ステークス2018 予想オッズ/ペルシアンナイト(3.3倍)

前走・安田記念(G1)は、直線での瞬発力比べに屈し7着惜敗。もっとも、この馬にとって不向きな時計勝負となっており評価を落とす内容ではない。今年も大阪杯(G1)で2着好走したように、マイルから中距離戦ならG1でも勝ち負けできる実力馬。鉄砲実績がないのはやや気がかりだが、マイルCS連覇に向けて好走を期待したい。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

富士ステークス2018 予想オッズ/エアスピネル(3.8倍)

今年は読売マイラーズC(G2)3着の1戦のみと順調さを欠く調整が続いており、今回が半年ぶりの実戦復帰。とはいえ、昨年マイルCS2着の実績に加え、デビュー以来あらゆる条件で掲示板を外したことのない堅実さもあるため、久々でもG3なら能力上位の存在。昨年は不良馬場を苦にせずこのレースを制覇しており、舞台適性も高い。オッズは、3倍から4倍台が予想される。

富士ステークス2018 予想オッズ/ワントゥワン(7.4倍)

前走・京成杯AH(G3)では、中山で4角14番手と苦しい位置から、ラスト3F33.0と抜群の瞬発力で追い込み2着好走。デビュー以降、常にメンバー最速級の上りタイムを計測しており、展開・位置取りに左右されず末脚不発がないのは大きな魅力。近走の充実度に加えて、鞍上強化してきた今回は初重賞制覇の好機到来。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

富士ステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

ヒーズインラブは、計3勝を挙げている中山巧者のイメージが強い馬。しかし、東京コースでも5走前・節分S(1600万下)で今回上位人気になるであろうロジクライと接戦を演じており、適性がないわけではない。今年3月にはダービー卿C(G3)での初重賞制覇と着実に地力強化されており、中山からのコース替わりで人気が落ちそうな今回は馬券妙味あり。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA