【エーデルワイス賞 2018 予想】 | 本気競馬

【エーデルワイス賞 2018 予想】

yosou_chihou

2018 エーデルワイス賞 [レース予想]

道南の門別競馬場の天気予報は微妙だが、当日は雨も懸念されるエーデルワイス賞。この時期の2歳戦は北海道勢に強力な馬が多くいるが、今年は持ちタイムで圧倒するほどの存在が見当たらない。中央からの遠征馬にも大いにチャンスがありそうで、その中でも馬格のあるケイゴールドは人気を集めそうな存在だ。展開的にはやや前傾ラップを刻みそうなメンバーだけに、中団からの差し脚を伸ばすタイプに好都合と見る。

エーデルワイス賞 予想【◎ケイゴールド】

本命はケイゴールド。同馬はまだ前走で未勝利を突破したばかりの実績だが、稍重とはいえ中山1200mを1分12秒台で駆けた。この時計を計時できる馬があまり見当たらない面子なので、スピードを活かせる門別ならば十分勝負になると言えよう。また、脚質的にも中団からの差し馬と展開が向きそうなところも好感で、戸崎騎手の手綱捌きも心強いパートナーだ。

エーデルワイス賞 予想【○アークヴィグラス】

対抗はアークヴィグラス。このダート1200mのカテゴリーでは絶対的権力を誇った、父サウスヴィグラスが今年他界して残された産駒の一頭だ。出身は村上牧場で稼ぎ頭になりそうな同馬だが、1200mでも少し長いかもと思えるほどのスピードタイプだ。大外枠を引いて尚更不安も高まる一戦だが、前走は4番手で折り合って快勝するなど進境を見せる。北海道のホープ・石川騎手と連勝も期待できる。

エーデルワイス賞 予想【▲デンバーテソーロ】

3番手はデンバーテソーロ。同馬も先に挙げたアークヴィグラス同様大外枠に入ったが、先行脚質で前走の初ダート戦を快勝してきた。テソーロの冠名に吉田隼人騎手と言えばリエノテソーロがいるが、不可解なコンビ解消後もこうして乗り役を任されている。この点からも良質な牝馬を託されていることが垣間見え、戦ってきた相手からも他馬には譲れないところと言える。

エーデルワイス賞 予想【△エムティアン】

最後はエムティアン。同馬の今回の鞍上は大井の矢野騎手であるが、これを見ると大井への転厩は既に決まっていると思える。父パドトロワは大型馬でパワーのある短距離馬という性質だが、この馬は小柄な牝馬で素軽い点が売りのタイプだ。先々を見越せばここは通過点でも不思議はないし、これからは距離延長にも対応する競馬が求められる。試金石の一戦をどう矢野騎手が捌くかにも注目だ。

2018 エーデルワイス賞 [馬券考察]

馬券はワイド。ボックスで、◎~△の計6点で勝負! エーデルワイス賞は10月16日、門別競馬第11レース、20時00分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA