【府中牝馬ステークス 2018 予想】 | 本気競馬

【府中牝馬ステークス 2018 予想】

yosou_grade

府中牝馬ステークス2018[レース予想]

徹底先行型のカワキタエンカがここもハナ。昨年スロー逃げ切りだったクロコスミアは番手追走で、メイズオブオナー、ソウルスターリングが好位グループ。中団にミスパンテール、フロンテアクイーン、ジュールポレール、キョウワゼノビア。アドマイヤリード、ディアドラ、リスグラシューが後方から。今年もスロー濃厚で、前の組が有利。

府中牝馬ステークス2018 予想【本命◎ カワキタエンカ】

3走前の中山牝馬ステークス(GⅢ)は、1000m通過61秒3でのスロー逃げ切りだったが、昨秋のローズステークス(GⅡ)では、1000m通過58秒6とハイラップを刻んでの2着。緩急自在の逃げが打てるタイプで、自分の形に持ち込めばそう簡単には崩れない。ここも単騎濃厚で、距離1800mも【3.3.0.0】と連対率100%。先を見据えた馬が多く、この馬向きの一戦とも言える。

府中牝馬ステークス2018 予想【対抗○ フロンテアクイーン】

前走のクイーンステークス(GⅢ)は、美浦→函館→札幌と輸送続きだったこともあり、マイナス14キロ。見た目に細くは映らなかったが、体調面がホンモノでなかったことは確かだろう。加えて4角外から、勝ったディアドラに押し込められる苦しい形。そこからから盛り返しての2着は、非常に価値がある。ここも崩れず、上位へ。

府中牝馬ステークス2018 予想【単穴▲ キョウワゼノビア】

スローからのヨーイドンの競馬が合うタイプ。兄は重賞勝ち馬のキョウワロアリングと血統的に筋も通っているし、父ハーツクライなら、もうワンランク上の活躍が見込める素材。距離実績は1400mまでだが、ここはスタミナが問われる展開。夏場の勢いにも注目。

府中牝馬ステークス2018 予想【特注☆ メイズオブオナー】

母キャサリンオブアラゴンは現役時3戦1勝と平凡だったが、祖母が名マイラーのミエスク。相手が強かったヴィクトリアマイルは別にして、この馬の強さが垣間見えたのが、4走前のうずしおステークス(1600万下)。スパッと切れて、上がり33秒2で完勝だった。2000mで長く、距離短縮のここは狙える。

府中牝馬ステークス2018 [馬券考察]

  • 本命◎:9カワキタエンカ
  • 対抗○:2フロンテアクイーン
  • 単穴▲:5キョウワゼノビア
  • 特注☆:7メイズオブオナー

波乱指数【50】

ディアドラ、リスグラシューなどは、この次が大目標。ならば、GIではパンチ不足の馬にもチャンスがあるはず。1番人気12連敗中のデータも後押し。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番2.5.7.9の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA