【富士ステークス 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【富士ステークス 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/10/20開催「富士ステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

富士ステークス2018 [1週前出走予定馬]

  • ウインガニオン/牡6/西園厩舎・栗東
  • ウインブライト/牡4/畠山吉厩舎・美浦
  • エアスピネル/牡5/笹田厩舎・栗東
  • ジャンダルム/牡3/池江寿厩舎・栗東
  • ストーミーシー/牡5/斎藤誠厩舎・美浦
  • トウショウドラフタ/牡5/萱野厩舎・美浦
  • ハクサンルドルフ/牡5/西園厩舎・栗東
  • パクスアメリカーナ/牡3/中内田厩舎・栗東
  • ハッピーグリン/牡3/田中淳厩舎・北海道
  • ヒーズインラブ/牡5/藤岡健厩舎・栗東
  • ペルシアンナイト/牡4/池江寿厩舎・栗東
  • マルターズアポジー/牡6/堀井厩舎・美浦
  • ヤングマンパワー/牡6/手塚厩舎・美浦
  • レッドアヴァンセ/牝5/音無厩舎・栗東
  • ロジクライ/牡5/須貝厩舎・栗東
  • ロジチャリス/牡6/国枝厩舎・美浦
  • ワントゥワン/牝5/藤岡健厩舎・栗東

■2018/10/10現在

富士ステークス2018 [注目馬考察]

富士ステークス出走予定馬/ジャンダルム

母はスプリンターズS・高松宮記念を制し、2003年の最優秀4歳上牝馬に選出されたビリーヴ。芝2000mのホープフルS2着など、兄ファリダット、姉フィドゥーシアとは違って距離の融通性を示しはしたが、やはり皐月賞、ダービーの結果を見ると、この馬も短距離志向。芝1600mは、デイリー杯2歳S快勝を含め2戦2勝。ようやく適条件のここは、古馬相手も関係なし。

富士ステークス出走予定馬/ハッピーグリン

セントポーリア賞を上がり33秒3で差し切ると、巴賞では古馬相手にタイム差なしの3着と好走。2走前のSTV賞、前走の盛岡交流完勝は当然の結果とはいえ、一戦ごとに強さを増してきた印象もある。芝1600mは今回が初めてとなるが、レース振りから一番合っているはず。マイルCSへ向けて、夢を持っての参戦。

富士ステークス出走予定馬/ペルシアンナイト

3歳馬によるマイルCS制覇はサッカーボーイ、タイキシャトル、ペルシアンナイトの3頭だけ。ある種、偉業と言ってもいいが、それを思えば春3戦は少し物足りない内容にも。ここはマイルCS連覇へ向けての大事な一戦となるが、昨年5着、中山記念5着が示す通り、久々は走らない傾向。ここは叩き台と割り切る手もある。

富士ステークス2018[今後の動向]

天皇賞・秋、スワンSの結果次第とはいえ、おそらく本番も大半がこのステップの馬。注目は北海道所属の3歳馬ハッピーグリン。優先出走権(2着まで)を取れれば、本番でも楽しみな存在に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA