【秋華賞 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【秋華賞 2018 予想オッズ】

odds_ss

秋華賞2018 [出走予定馬短評]

3歳牝馬クラシックの最終戦、第23回秋華賞。今年の主役は、桜花賞&オークスを圧倒的な強さで制しているアーモンドアイ。2012年ジェンティルドンナ以来、史上5頭目の3冠牝馬の誕生なるか注目が集まる。他にも夏場に急成長してきたカンタービレやサラキアなど伏兵候補多数で、レベルの高い1戦となっている。

秋華賞2018 予想オッズ/アーモンドアイ(1.7倍)

前走・優駿牝馬(G1)は、その血統背景から距離不安の声も大きかったが、好位先行から直線力強く押しきる完勝劇。桜花賞での直線一気から全く異なる競馬で2冠制覇するレースセンスを見せており、世代最強牝馬を存分にアピールした。シンザン記念からの直行で桜花賞を制したように、休み明けから能力発揮できるタイプ。牝馬3冠の偉業に向けて死角はなく、オッズは1倍台が予想される。

秋華賞2018 予想オッズ/ラッキーライラック(4.9倍)

3歳春には無敗の4連勝で牝馬クラシック戦線の大本命だったが、桜花賞以降はアーモンドアイと立場が逆転。とはいえ、例年ならこの馬が2冠馬でもおかしくない能力があり、逆転候補として最右翼の存在。オルフェーヴル産駒だけに夏場の成長力も期待できるはずで、2歳女王として最後に一矢報いるか渾身のレースを期待したいところ。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

秋華賞2018 予想オッズ/サラキア(9.2倍)

前走・ローズS(G2)は、先行した勝ち馬に上手く立ち回られたものの、直線鋭く追い込み2着好走。青島特別(500万下)でも、勝負所からひと捲りで古馬を捻じ伏せて楽勝する好レースをしており、春と比較しても明らかに力をつけている。展開や位置取りを問わず上位争いに加われる堅実さも備えており、2強崩しを狙える実力はある。オッズは、8倍から10倍台が予想される。

秋華賞2018 [狙い目となる穴馬は?]

トーセンブレスは、前走・ローズS(G2)ではポジション取りに脚を使ってしまい15着大敗。末脚に賭けるこの馬本来の競馬とは異なっており、評価を落とす内容ではない。G1レースで2度の4着実績があることから、強敵相手でも通用する能力があるのは証明済み。前に行きたい馬が多そうな今回、展開面も追い風にして直線台頭してくる場面は十分にありそう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA