【府中牝馬ステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【府中牝馬ステークス 2018 予想オッズ】

odds_s

府中牝馬ステークス2018 [出走予定馬短評]

1着馬にエリザベス女王杯の優先出走権が与えられる府中牝馬ステークス。今年はG1ホース4頭が揃っておりで、本番と遜色のないメンバー構成。特にディアドラやリスグラシューは今年に入り牡馬相手にも好走しており、古馬牝馬戦線にとどまらず今後のG1戦線を占ううえでも目の離せない1戦となっている。

府中牝馬ステークス2018 予想オッズ/ディアドラ(2.4倍)

前走・クイーンS(G3)は、メンバー唯一ラスト3F33秒台の末脚を使い後続を3馬身突き放す圧巻の内容。京都記念(G2)やドバイターフ(G1)で強豪牡馬相手に揉まれた経験が身になっており、牝馬限定G2では格の違いすら感じさせる風格が出てきた。昨年は夏場から3連勝で一気にG1制覇しており、今年もその再現を狙う。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

府中牝馬ステークス2018 予想オッズ/リスグラシュー(3.9倍)

今年は東京新聞杯(G3)で牡馬撃破して1年半ぶりの勝利を挙げると、ヴィクトリアマイル(G1)もタイム差なしの2着と健在ぶりをアピール。前走・安田記念はマイル戦で初めて馬券対象を外し8着に敗れるも、使い詰めで挑んだこの1戦で評価を落とすのは早計。鞍上予定だったモレイラ騎手の騎乗停止は誤算だが、悲願のG1制覇に向けて前走からの巻き返しを図る。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

府中牝馬ステークス2018 予想オッズ/ミスパンテール(6.8倍)

重賞3連勝の勢いで挑んだ前走・ヴィクトリアマイル(G1)では、出負けした影響もあり勝ち馬から0.3秒差の5着。スムーズなレース運びならより際どい勝負となった惜しい内容で、G1を狙える地力をつけてきた。どの位置取りからでもレースができる自在性は大きな武器であり、今秋は更なる飛躍が期待される。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

府中牝馬ステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

クロコスミアは、昨年このレースで重賞初勝利を挙げた縁起の良い舞台。今年に入って目立った活躍はできていないが、ドバイ遠征など強気なレース選択をして同情の余地があるのも事実。牝馬限定戦なら自慢の先行力も活きてくるはずで、連覇も視野に入っている。 フロンテアクイーンは、5戦連続2着の成績が示す通り典型的に相手なりに走るタイプ。東京コースも重賞好走歴多数で相性良し。G1馬4頭出走で人気の盲点になりそうな今回、立ち回りの上手さを活かして馬券内に粘り込む場面もありそう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA