京都大賞典2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

京都大賞典2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1京都大賞典を制するのは仕上がり絶好のこの馬!
京都大賞典の発走が近づいてきました。サトノダイヤモンドVSシュヴァルグランに注目が集まっていますがどちらの馬も秋初戦となるだけに仕上がり具合は気になるところ。そしてこの2頭に割って入るならばそれこそこのレース狙いで絶好の仕上がりを見せている馬ということにもなるでしょうし追い切りの動きから狙えそうな馬をしっかりとチェックしておきましょう。

調教評価 A 復活へ向けて調整は入念
サトノダイヤモンド 栗東CW 85.4 68.3 53.0 38.9 11.4 一杯 併せ先着
1ヶ月に渡って追い切りに川田騎手が跨りしっかりと乗り込まれてきたサトノダイヤモンド。ラスト11秒台を4週連続マークしているように反応も抜群で復活へ向けて陣営もかなり入念な稽古を積ませてきています。少なくともこの秋のG1戦線へ臨みが持てるレースをしてもらわなければ困るところではありますが、いきなりからでも結果の出せる状態にあると判断できるところです。この春は馬場に泣いたり位置取りに泣いたりとチグハグな競馬も多かったことからまずはこの京都大賞典ですべてを噛み合わせて結果を残したいというのが陣営の本音。後は川田騎手がしっかりと折り合いをつけて脚を溜めて走らせることができるかにかかってきそうです。

調教評価 A 秋初戦へ向けて態勢は整う
シュヴァルグラン 栗東坂路 53.9 39.0 25.2 12.6 一杯 併せ遅れ
併せ馬で遅れはしたものの、直前の追い切りで遅れても結果を残している馬だけに気にすることもなさそう。乗り込み良は豊富で反応もしっかりとしており、1週前にはCWコースで81.4 66.6 52.3 38.3 11.9と絶好の動きも披露していることから秋初戦へ向けてしっかりと態勢は整っていると見ておきたいところ。もちろん、目標はこの先のジャパンカップ・有馬記念ということになってくるでしょうしここはまだ余裕残しの仕上がりであることは察することはできるものの、これだけ動けているのならば初戦から好結果を期待してもいいのではないでしょうか。まずは昨年3着以上の結果を残せるか注目してみたいところです。

調教評価 A 仕上がり良好で一発に期待
ブレスジャーニー 栗東CW 84.9 68.9 54.0 40.0 11.9 一杯
いつも通りの調整といってよい、道中はゆったり運んで終いだけしっかりと追われる内容でもラストは11.9と速い時計をマークして反応は抜群。ラスト1Fの自己ベストタイムを更新してきており、夏場を使われての疲れというよりは夏場を使われて状態は絶好という表現が適しているのではないでしょうか。どうしてもスタートで遅れて後方からの競馬となってしまうところがあるだけに少頭数の競馬は馬群を捌くのには好都合。後は少しでも末脚の活きる展開になってくれば直線で大外から豪快な末脚を駆使してくる可能性は否めず、一発を期待するならばこの馬に託してみても面白いかもしれません。

他では、稽古駆けする馬ではありますがいつも通りの活発な動きを見せているスマートレイアーは昨年の勝ち馬でもありこの時期に良績のある馬。いつも通り動けているならば好調と判断してB評価はほしいところ。後は2連勝中と勢いに乗るレッドジェノヴァは今回栗東滞在での追い切りとなっただけに比較はできないものの、軽めの調整でもフットワーク軽快であったことを鑑みるとB評価はつけておきたいところです。

京都大賞典 追い切り /無料で見れる買い目情報アリ!

追い切りの動きを見る限り、今回の京都大賞典はどの角度から結果を想定しても、激戦となる可能性は大。馬券的に的中を求めていくと、やはり直前まで出走馬の状態を細部まで把握し、最終的により精度の高い判断が要求されます。とはいえ、先日波乱に終わったスプリンターズステークスでもそうでしたが、一般的なメディアから発信される情報は、これまでの実績馬を大きくクローズアップする傾向が強いというのが現状。そういった偏重情報による「人気操作」「3連単2096.2倍」という結果を作り出していることに他なりません。

1番人気のファインニードルが勝利したにも関わらず、2.3着は2桁人気のラブカンプーとラインスピリットが突っ込んでの波乱ではありましたが、一般メディアや紙面はこれまでの実績を偏重して注目馬を紹介してばかり。当日の馬場状態が重馬場になったことも鑑みれば、追いきりの動きが絶好の人気薄の馬を狙うのは妙味となるのは必然で、結局3連単2000倍超えという高配当を生み出すにいたりました。一般メディアには結局、本当に好調でこのレースを勝負と参戦してくる馬の情報は皆無で、メディアはいい加減で無責任な報道が繰り返されていたことは明白。

もし…より高い精度で、カンタービレなどの好走を判断できていれば、「3連単2096.2倍的中」といった結果が難なく手にできたはず。一般メディアの「人気操作」の影響はかなり深刻と言えます。

この人気操作に振り回されることなく馬券を的中させるには、「多岐にわたる情報ルート」が必要となるのではないでしょうか?

今週も、その「多岐にわたる情報ルート」を駆使している、【無料コンテンツ満載】なサイトがあります。

『競馬劇場』というサイトですが、直近の実績で…
9/30(日)
中山11R スプリンターズSにて20万2690円獲得!
中山10R 勝浦特別にて10万4240円獲得!

いずれも6点~48点以下の馬券点数で的中させている模様。自ら栗東・美浦トレセンに出向き、情報を入手しているようで「多岐にわたる情報ルート」をフル活用されているようです。無料コンテンツの精度も、そこで保たれている模様。

『競馬劇場』のHPはコチラ → https://bit.ly/2Lm21ne

今現在、「9000円分のポイントプレゼントキャンペーン実施中!」とのこと。実質、『無料』で入手できる買い目情報もあるようなので、追い切りの状況を確認しても尚、自身で答えを出し切れていない方は、匿名でgmail・Yahoo!メールなどでも登録できます。是非情報取得をおすすめします。

※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターンメールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

今年の秋のG1戦線を占う意味でも重要なレースとして位置づけられる京都大賞典。結果的に堅実な決着になったとしても、波乱の決着になったとしても、どちらに転がってもきっちり的中したい、儲かりたい、あわよくば帯封を手に入れたい。それを目指すべく、まだまだ参考にしたい情報が欲しているなら業界人とも精通している、より高い精度の無料情報を参考にするのも、一つの手段。なにしろ『無料』というのが、安心の一言。本気で的中したい人ならば、悩むだけ無駄でしょう。

無料で見れる買い目情報はコチラから
※フリーメールの際は迷惑メールフォルダにリターン メールが入ることが多いのでご確認をおすすめします。

京都大賞典 2018 [馬券のポイント]

今年の京都大賞典は11頭立てと少頭数の競馬となり、サトノダイヤモンドとシュヴァルグランが人気を二分しそうな気配。票もこの2頭に集中しそうで焦点は3頭目をどうするかという判断となるのが大方の予想ではありますが、サトノダイヤモンドは近走不振。シュヴァルグランとて昨年の休み明けは落としているだけに、仕上がり次第でどの馬にもチャンスはありそう。枠順ひとつ、スタートひとつで大きくレースも左右してきそうなところもあり、一発狙った穴馬の台頭の可能性も十分。ここは思い切っての穴馬狙いという手も十分にあり得るのではないでしょうか。

どのレースにも言えることですが、確信を持って狙える穴馬や激走馬がいなければ、迷いが生じる分買い目が膨らみ、たとえ的中したとしてもトリガミになる可能性は高くなる一方。どの馬を激走馬として狙うべきなのか?細かな部分をチェックした上で、「今回はくる」という確信を持って狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

そういった細かい分析をできないといった方は、今回どうやって馬券を組み立てますか?一人で悶々と悩んでしまうなら、参考になる情報は確実に見ておいた方が良さそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこの京都大賞典で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA