毎日王冠2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

毎日王冠2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri3天皇賞(秋)の有力候補へ名乗りをあげるのは絶好調のこの馬!
毎日王冠の発走が近づいてきました。各馬追い切りを終えて態勢を整えてきていますが、果たして毎年豪華メンバーの集う注目の重賞を制するのは今年はどの馬となるのか?秋初戦を迎える馬が多い中でまずはこの毎日王冠へ向けて好仕上がりを見せている馬がいるならば要チェックとなり馬券の中心として検討してみる必要がありそうです。

調教評価 A 更なる進化を感じさせる動き
アエロリット 美浦坂路 50.5 36.9 24.3 12.1 G前追う
前走は安田記念で2着と好走。牡馬相手でも結果を残しただけにこの秋の活躍の期待されるアエロリットですが、秋初戦へ向けては9月上旬から時計を出し始めて坂路とコース併用でしっかりと乗り込まれてきました。1週前と直前追い切りでしっかり負荷をかけてきましたが、最終追い切りの坂路で計時した時計50.5はこれまでの自己ベストタイムを更新。稽古の動きを見ると更に一段階パワーアップした感もあり秋初戦でどんな走りを見せてくれるか非常に楽しみになってきたところ。モレイラ騎手が騎乗することで更に人気にも拍車がかかってきそうですがこの仕上がりならば人気に応える可能性も十分にあるのではないでしょうか。

調教評価 A 秋の飛躍へ向けて態勢は整う
サトノアーサー 栗東CW 66.6 51.1 38.8 12.0 馬なり 併せ先着
1週前の81.0 65.7 51.2 36.9 11.5という絶好の動きに引き続き、最終追い切りでも4F51.1の好タイムをマーク。2週続けての好調教で秋初戦へ向けて仕上がりは良好といったところ。デビューからクラシック級の大器と言われてきたサトノアーサーですがこの秋いよいよその評判通りの強さを発揮できるかどうか。春のエプソムカップ勝利に続きこの毎日王冠を勝利することができればこの秋の主役候補へ一躍躍り出ることは間違いなし。陣営もそれを狙ってきていることでしょうし、活躍可能な状態にあることは間違いなさそうです。

調教評価 A 春からの成長に期待の動き
カツジ 栗東坂路 53.7 39.1 25.5 12.5 馬なり
最終追い切りは終始馬なりで軽めの調整とはなりましたがしっかりと折り合って終いまでしっかりとした脚取りには好感をもてるところ。1週前にはコースで79.3 63.9 50.0 37.6 12.1と自己ベストを大幅に更新する好タイムをマークしており、春からの成長が感じられる動き。春は折り合いに難があったりと力を発揮できないレースもありましたが、その点に成長が見られれば3歳勢ではケイアイノーテック・ステルヴィオの方が人気を集めそうなところですが、稽古の動きから注目してみたいのはこの馬というところでもあり、一発に期待してみたいところは出てきたと言えそうです。

他では、時計だけならばA評価もつけておきたいのがステファノス。ただ稽古駆けする馬でやればまだまだ時計は出る馬。休み明けはいまひとつの面もあるだけに動ける態勢にはあるという評価でB評価をつけておきたいと思います。後は注目の3歳勢、ステルヴィオケイアイノーテックも春先の絶好調時の動きとまではいかないものの、きっちりと動ける態勢にはあると見てB評価としておきます。

keibajo_02

それでは今週はこの毎日王冠で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA