【東京盃 2018 予想】 | 本気競馬

【東京盃 2018 予想】

yosou_chihou

2018 東京盃 [レース予想]

昨年は地方馬のワンツーとなった快速自慢のスプリント戦、東京盃。今年は前走衝撃のレコード圧勝を飾ったマテラスカイに注目が集まるが、芝のレコードタイムとコンマ7秒しか違わない走破タイムは実に圧巻だった。武豊騎手がこの馬を選びグレイスフルリープにはルメール騎手。連覇を狙うキタサンミカヅキも強敵と相対することになりそうだ。

東京盃 予想【◎マテラスカイ】

本命はマテラスカイ。中央馬に元気がなかった昨年とはかなり様相が違い、今年の中央勢は勢いと若さをアピールできるメンバーとなった。その先鋒であり大将でもある同馬が今回の本命馬だが、先述のとおり前走はまるで芝のタイムでダートを駆けた。いかな不良馬場の後押しがあったとはいえ逃げ切る圧巻のスピード。距離を考えなくて良い1200mで更に前進も見込める。馬場は乾いて前走とは違ったコンディションでも平気だろう。

東京盃 予想【○サクセスエナジー】

対抗はサクセスエナジー。同馬は前走・プロキオンステークス4着からの出走となるが、58kgを背負っていたことを考えれば十分差を詰めている。快速マテラスカイとは4馬身差の間を開けられているが、良馬場で右回りという条件に加えてハンデ差も詰まる。松山騎手はコーリンベリーで乗り慣れているコースでもあり、逆転も十分に考えられる一頭と言えるだろう。

東京盃 予想【▲グレイスフルリープ】

3番手はグレイスフルリープ。同馬は540kgを超える巨体の持ち主であるが、その筋肉も豊富でいかにもダートの短距離馬の体型だ。前走さきたま杯からおよそ5か月近く間は開いたが、不慣れな休み明けを考えても今回は鞍上が怖い。その鞍上は武豊騎手から乗り替わったルメール騎手で、地方のダートも冴え渡っている同騎手のレース運びが脅威。この馬自身が行くか行かないかによっても展開が変わるところで、どんな采配を見せるのか非常に楽しみが大きいところだ。

東京盃 予想【△キタサンミカヅキ】

最後はキタサンミカヅキ。同馬は中央馬と比べても全く引けを取らない馬だが、さきたま杯でもタイム差なしの2着でサクセスエナジーを苦しめた。名手・森泰斗騎手が騎乗でこのコンビでは2戦2勝と、更に前走で59kgを背負って強敵相手に完勝。このコースなら有力馬として人気になっておかしくない馬だ。連覇を狙う立場にあるのも騎手心理からは力が入る。スプリントGⅠ勝利の父・母父の血統からも期待だ。

2018 東京盃 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

[東京盃は10月10日、大井競馬第11レース、20時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA