【マイルチャンピオンシップ南部杯 2018 予想】 | 本気競馬

【マイルチャンピオンシップ南部杯 2018 予想】

yosou_chihou

2018 マイルチャンピオンシップ南部杯 [レース予想]

昨年と同じように京都大賞典と日付が被ったが、今年は世代を代表するスター同士の戦いとなった。かたやサトノダイヤモンドを捨てて、ここに臨んだゴールドドリーム&ルメール騎手、そして3歳馬を代表するルヴァンスレーヴとデムーロ騎手だ。中央で騎乗停止を食らって鬱憤がたまるデムーロ騎手は、得にこの一戦にかける意気込みは強いと思われるが…。

マイルチャンピオンシップ南部杯 予想【◎ゴールドドリーム】

本命はゴールドドリーム。やはり世代間の争いでは完成度の高い同馬を推したい。同馬は前走・帝王賞で貫禄勝ちを収めたわけだが、負かしたケイティブレイブにしてもダートグレードは安定していて、強敵相手の勝利となったことはまだ記憶に新しい。今年はJBC3競走が京都で行われることからも、中央の騎手にとってお手馬はより手放せない状況だ。ルメール騎手はサトノダイヤモンドを捨ててまで臨んでいるし、肯定的な意味合いを込めて本命に推したいと思う。

マイルチャンピオンシップ南部杯 予想【○ルヴァンスレーヴ】

対抗はルヴァンスレーヴ。ゴールドドリームが帝王賞で強さを見せつけたとあれば、同馬はジャパンダートダービーでオメガパフュームを退け優勝。デムーロ騎手も「本当に良い馬」と惚れ惚れする快速を見せて、世代を超えたチャンピオンへの道を着々と開いている。父シンボリクリスエスは芝の中距離を得意としたが、産駒にはしぶとい脚を持つ大型のダート馬がよく見られる。同馬も馬体、瞬発力ともに申し分ないタイプなだけに、広い盛岡競馬場では実力を発揮できるだろう。

マイルチャンピオンシップ南部杯 予想【▲ノンコノユメ】

3番手はノンコノユメ。同馬は今年最初のGⅠ・フェブラリーステークスを快勝したが、前が引っ張る流れにならないと苦戦する傾向がある。地方のダートは脚抜きが悪くパワーが要求されやすい上に、先導役が少なくタイムも同馬の求めるところに向かない。それでもマイルの距離で走るとなればここは狙わなければならず、ダートマイラーの泣き所を分かっての参戦となる分怖い。

マイルチャンピオンシップ南部杯 予想【△ベストウォーリア】

最後はベストウォーリア。いつのまにか8歳を迎えたダート界の強豪古馬だが、同馬は当レースを連覇した輝かしい実績を持つ。大箱コースよりも地方などの小回りコースで名を上げた馬で、左回りの競馬場も得意にしているパワータイプだ。マル外産駒らしく骨太で隆々とした筋肉を持ち、ピークは過ぎかけているようだが見栄えのする馬体は健在。先手を取る馬が乏しいために前に行っても良いところなので、北村友一騎手の大胆な手綱捌きにも期待したい。

2018 マイルチャンピオンシップ南部杯 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

[マイルチャンピオンシップ南部杯は10月8日、盛岡競馬第11レース、17時30分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA