【京都大賞典 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【京都大賞典 2018 予想オッズ】

odds_s

京都大賞典2018 [出走予定馬短評]

ジャパンカップや有馬記念へのステップレースとして、長距離路線の有力馬が秋始動戦に選ぶことの多い京都大賞典。近年では中距離志向が強くやや手薄な面子になることも多かったが、今年はサトノダイヤモンドやシュヴァルグランなどG1タイトルを持つ実力馬が揃い踏み。例年以上のメンバーが揃っており、秋のG1戦線を占ううえでも見逃せない1戦となっている。

京都大賞典2018 予想オッズ/シュヴァルグラン(2.8倍)

前走・天皇賞春(G1)では、勝ち馬の直線強襲にこそ屈したが、好位から4角先頭に並びかける正攻法のレース運びで2着好走。距離不足だった大阪杯(G1)13着から大きな変わり身を見せており、長距離戦なら今年もG1で勝ち負けできる能力を維持している。既に年内3戦で引退が決まっているだけに、ジャパンカップ連覇に向けて好発進を決めたいところ。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

京都大賞典2018 予想オッズ/サトノダイヤモンド(3.3倍)

今年は3戦未勝利で、金鯱賞(G2)3着が最高着順。欧州遠征での大敗でリズムを崩したのか、帰国後は本来の走りが戻らず歯がゆい競馬が続いている。京都コースは菊花賞制覇を含み【2.0.1.0】と相性の良い得意舞台。強く追える川田騎手への乗り替わりも復調のきっかけにし、1年半ぶりの勝利を期待したい。オッズは、2倍から4倍台が予想される。

京都大賞典2018 予想オッズ/パフォーマプロミス(6.7倍)

前走・宝塚記念(G1)は、位置取りが後ろ過ぎた影響もあり見せ場なく9着敗退。もっとも今年1月の日経新春杯(G2)では、道中3番手の好位から上がり最速の脚でまとめる完璧な内容でミッキーロケットを負かしており、前々から積極的なレースができればG1でも通用する能力は秘めている。秋初戦で好結果を残し、再度大舞台に挑みたいところ。オッズは、5倍から7倍台が予想される。

京都大賞典2018 [狙い目となる穴馬は?]

レッドジェノヴァは、夏の札幌で2連勝を飾ってOP入りしている充実一途の4歳牝馬。特に前走は、道中3番手からラスト3F最速の脚を使って後続を突き放す圧巻の内容。準OPを勝ったばかりのため、前走から2kg減となる54kgの斤量面も追い風。レース運びも上手く急成長している今の状態なら、初重賞挑戦で上位争いに食い込む場面も考えられる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA