【白山大賞典 2018 予想】 | 本気競馬

【白山大賞典 2018 予想】

yosou_chihou

2018 白山大賞典 [レース予想]

台風の影響によって馬場状態は微妙だが、当日は晴天の中開催されそうな金沢競馬。この白山大賞典は金沢きっての目玉レースで、中央・地方を問わず今年も好メンバーが顔を揃えた。中央の大将格は実績馬のミツバであろうが、追い込み脚質の同馬にとっては舞台適性に疑問符がつく。対する地方の大将格は愛知のカツゲキキトキトであるが、前年2着の当レースでのもう一押しが利くかどうか。第3勢力の台頭にも目を光らせておきたいレースだ。

白山大賞典 予想【◎ドンフォルティス】

本命はドンフォルティス。3歳牡馬でハンデは52kgと軽量が売りの同馬の、今回の相棒は元・大井のスター戸崎圭太騎手。右回りの平坦小回りという条件も加味していくと、レパードステークス4着からの巻き返しは可能と見た。展開的には向こう正面でまくりの手に出る事が予想され、ミツバの進撃を待たずに追い出せるかどうかが鍵になる。器用なタイプとも言い切れないがスター性を秘めた馬で、鞍上のゴーサインに鋭く反応することができれば。

白山大賞典 予想【○センチュリオン】

対抗はセンチュリオン。今回のペースメーカーは人気のグリムとなりそうだが、このグリムは人気を背負うとパフォーマンスを落としている馬。やや乗り難しいタイプのようで初の地方が心配だ。それなら同じ初の地方でも右回りが得意な同馬が、好位から抜け出す競馬で力を示す展開を描いた。不良馬場の4走前には追い込んで勝利しており、馬場の悪化もこの馬自身はチャンスに変えてしまいそう。充実期を迎えた馬体を見ても頼もしい存在と言える。

白山大賞典 予想【▲ミツバ】

3番手はミツバ。常に高いパフォーマンスで馬券に絡んでくる同馬だが、その安定感の裏で中々勝ち切れない面も併せ持つ。気性的にやや難しく鞍上を選ぶタイプでもあり、それだけに5勝を挙げた松山騎手とのコンビは良い。エルムステークスでは1番人気で3着の結果だったが、前が有利な展開の中でよく最後まで追い込んでいた。今回もコース形態的に難しいところもあるが、実績的にも調子的にも切れない存在感がある。

白山大賞典 予想【△カツゲキキトキト】

最後はカツゲキキトキト。この馬の前走は2400mの東京記念で、2着と敗れているもののそれも昨年と同じローテだ。先述のとおり昨年の当レースで2着した実績があり、地方最強の呼び声も高く実力に疑いはない。大型馬で中央馬に混じっても馬体負けをしないタイプで、持続力に秀でた無駄のない引き締まった体型をしている。長くピークが続くタイプで展開次第で勝利も狙える。地方所属馬が強い今年の傾向的にも切れない馬だ。

2018 白山大賞典 [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負!

白山大賞典は2018年10月2日(火)、金沢競馬第11レース、16時30分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA