【スプリンターズステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【スプリンターズステークス 2018 予想オッズ】

odds_s

スプリンターズステークス2018 [出走予定馬短評]

秋のG1シリーズの開幕を告げる第52回スプリンターズステークス。2016・2017と連覇を果たしているレッドファルクス、春のG1を制して充実一途のファインニードル、この2頭G1馬を中心とした多彩なメンバー構成。そこに香港からラッキーバブルズの参戦もあり、例年以上に層の厚く、予想しがいのある1戦となっている。

スプリンターズステークス2018 予想オッズ/ファインニードル(2.3倍)

前走・セントウルS(G2)では、中団でしっかり折り合うと直線力強く抜け出し1馬身半差をつける完勝。4着に敗れた遠征帰り初戦で不安視される声もあったが、G1ホースとして貫録を示す強い内容だった。これで今年は国内芝1200mで3戦3勝と絶好調。春秋スプリントG1を制覇し、名実とも現役最強スプリンターとなれるか注目が集まる。オッズは、2倍台が予想される。

スプリンターズステークス2018 予想オッズ/ナックビーナス(3.9倍)

前走・キーンランドC(G3)は、好スタートで先頭に立つと直線でも脚色衰えず後続に2馬身半差をつける圧勝劇。モレイラ騎手の完璧なエスコートもあり、重賞で勝ちきれなかった馬が12回目の挑戦で初重賞制覇。近走では高松宮記念(G1)3着実績など着実に地力強化されており、競走馬として完成期を迎えた印象。鞍上の継続騎乗を追い風に、一気にG1制覇まで駆け上がりそうな勢いがある。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

スプリンターズステークス2018 予想オッズ/レッドファルクス(6.8倍)

今年は3戦して阪急杯(G3)3着が最高着順とやや精彩を欠く内容。とはいえ、3戦ともラスト3F最速級の末脚は使えており、展開や乗り方次第で勝ち負けできる能力は維持している。休み明け【3.0.2.1】の鉄砲実績もあり、前年同様に安田記念からの直行ローテ。主戦デムーロ騎手の騎乗停止は気がかりだが、史上初の同一G1三連覇へ向けて期待は膨らむ。オッズは、6倍から8倍台が予想される。

スプリンターズステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

ラブカンプーは、前走・セントウルS(G2)で2番手の馬につつかれる逃げ馬として厳しい展開となったが、最後までしぶとい脚をつかい2着好走。ここ3戦はコースや展開を問わず古馬相手にきっちり上位争いを演じており、スプリンターとして高い適性を示している。今回は相手強化に加えて夏3戦使われたことが嫌われるはずで、人気の盲点となりそうな雰囲気がある。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA