神戸新聞杯2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

神戸新聞杯2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1菊花賞へ名乗りをあげるのは状態絶好のこの馬!
今年の神戸新聞杯はダービー馬VS皐月賞馬の争い。ワグネリアンとエポカドーロが揃って駒を進めてきておりこの一騎打ちに注目が集まっていますがここは3着までに優先出走権が与えられるトライアル戦。賞金不足の馬が権利獲りに勝負に出てくる可能性は十分にあり一角崩しの可能性も十分。それならば追い切りで絶好の動きを見せる馬にその一角崩しを託してみるのも面白いのではないでしょうか。

調教評価 S 更なる成長を感じさせる動きを披露
エポカドーロ 栗東CW 69.8 53.3 38.3 11.9 馬なり
最終追い切りは終いの脚を確かめる程度の軽めの調整ではありましたが、それでもラスト11秒台と鋭い脚を披露しただけでも評価すべきところではありますが、1週前・2週前とコース6F追いで81.6,80.8とともに好タイムをマークし2週前の時計は自己ベストタイムを5秒近く更新する時計をマーク。馬の成長とともに稽古でも速い時計をマークできるようになったと考えるならば更なるパワーアップも期待できるところであり、陣営もかなりの自信をもっての参戦ならばこれは注目しない手はなさそうです。ダービー時には距離の心配も囁かれていましたがダービーで逃げて2着ならばそのスタミナを疑う余地はなさそう。ここも少頭数のマイペースでの競馬ができそうなところでもあり、大崩れをイメージできず安定した走りを期待していいのではないでしょうか。

調教評価 A 坂路自己ベスト更新で復活狙う
タイムフライヤー 栗東坂路 51.6 36.7 23.7 12.1 一杯
1週前にもCWコースで80.3 65.0 50.8 36.9 12.0という絶好の時計と動きを披露していましたが、最終追い切りでも坂路自己ベストタイムを更新する51.6をマークしてこの2週の動きがかなり目立つタイムフライヤー。陣営も稽古で動くとレースにつながると、春の不振からの復調に手応えを感じているようでもありその走りに注目してみたいところ。元々2歳G1のホープフルステークスを制しているG1馬でもあり、これだけ稽古で動けているならば復活走を期待してみる手は十分にありなのではないでしょうか。

調教評価 A 春からの成長を感じさせる動き
エタリオウ 栗東坂路 53.5 39.0 25.2 12.4 一杯
調教パターンは春先と変わらず坂路での乗り込みを消化してきたエタリオウ。同厩舎のワグネリアンの方が注目を集めますが、稽古の動きだけならばこちらの方が目を引く動きを見せてきただけに評価はエタリオウを上にとってみたいところ。時計も坂路自己ベストを更新する時計をマークしてきており長距離でこそ力を発揮するタイプならば狙いは迷わずに菊花賞。それならば神戸新聞杯での結果が欲しいのは勿論のところであり、鞍上デムーロ騎手で一角崩しの可能性は十分にあると見ていいのではないでしょうか。

人気になりそうなワグネリアンは前述のとおり動きは悪くはないものの、エタリオウと比較すると見劣りという部分はあり目標はまだ先、更に鞍上も急遽変更というトラブルもあっただけにB評価とまりにして今回は様子をうかがってみたいところ。もう1頭あげておくならば関東馬のゴーフォザサミットは藤沢厩舎所属馬だけに時計こそ軽め調整で地味ではありますが、フットワークは力強く、札幌記念を使っているだけに休養明けの馬よりも一度使っているアドバンテージはありそうな動きを見せているだけにB評価をつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの神戸新聞杯で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA