【神戸新聞杯 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【神戸新聞杯 2018 予想オッズ】

odds_ss

神戸新聞杯2018 [出走予定馬短評]

3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられ、本番への最重要トライアルレースに位置づけられる神戸新聞杯。近年の勝ち馬を見てもサトノダイヤモンド・エピファネイアなどそうそうたる名馬が並んでおり、菊花賞だけでなく今後のG1戦線を占ううえでも要注目の1戦。今年は皐月賞馬とダービー馬が秋初戦から激突し、2強ムードのオッズになってきそうな雰囲気がある。

神戸新聞杯2018 予想オッズ/ワグネリアン(2.5倍)

東京優駿(G1)では、好位先行から持久力ある脚で逃げ馬を競り落とし快勝。2歳時から爆発的な末脚を評価されてきた馬が一転、積極策でレースができる柔軟性を身に着けており、競走馬として着実に進化している印象。今後は菊花賞か天皇賞秋か未定となっているが、ダービー馬として秋初戦から力のあるところを見せてくれるはず。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

神戸新聞杯2018 予想オッズ/エポカドーロ(2.7倍)

皐月賞(G1)では、ハイペースで逃げた3頭の直後につける絶好の位置取りで1冠を制覇。続く東京優駿(G1)は、自ら逃げてレースを作り、直線並ばれてからもしぶとく伸びる勝負根性で2着確保。皐月賞がフロックでなく、世代上位の能力を改めて証明した。中間も順調そのもので、1週前追切の動きも抜群。今の充実具合なら、ダービー馬を逆転する可能性も高い。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

神戸新聞杯2018 予想オッズ/エタリオウ(8.2倍)

東京優駿(G1)では、13番人気の低評価を覆し4着善戦。立場的には未勝利勝ちのみの1勝馬だが、前走や青葉賞(G2)2着など重賞での好走歴も多く、どんな強敵でも相手なりに走れる堅実さは大きな魅力。早い時期からデムーロ騎手を確保していたのも、陣営のこの馬に対する期待の表れ。菊花賞出走へ賞金不足のため、権利確保に向けてこのレースへの勝負気配は最も高い。オッズは、7倍から9倍台が予想される。

神戸新聞杯2018 [狙い目となる穴馬は?]

メイショウテッコンは、前走・ラジオNIKKEI賞(G3)で初重賞制覇を飾り2連勝中と充実一途。ここ2戦で負かした相手には、ローズS2着のサラキアや良血馬フィエールマンも含まれており、その内容も濃い。父マンハッタンカフェが夏の急成長で力をつけて菊花賞制覇をしたように、この馬もそれを再現できるポテンシャルは秘めている。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA