セントライト記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

セントライト記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1菊花賞の有力候補へ名乗りをあげるのは状態絶好のこの馬!
今年のセントライト記念は前売りオッズを見てもレイエンダの1強ムード。とはいえキャリア3戦でこれが重賞初挑戦の馬だけに思わぬ落とし穴が待っている可能性もあり絶対的信頼を寄せるのは危険。ともなれば他にも浮上する馬をチェックしておく必要があり、どの馬を狙うかはもちろん、菊花賞へ向けて優先出走権を獲りにきている状態絶好の好追い切り消化馬ということになるでしょうから、しっかりと好状態馬をピックアップしておきましょう。

調教評価 A 1週前に破格の時計をマークし注目
ジェネラーレウーノ 美浦南W 53.4 38.1 12.4 馬なり 併せ先着
1週前にマークした南Wコースでの79.1 63.9 49.9 37.0 12.6というタイムは調子が悪ければ出せずはずもないといった特筆すべき時計であり、最終追い切りはコース4F追いと軽めの調整でも十分すぎる調整を消化してきたという感のあるジェネラーレウーノ。実績のある中山コースで結果を求めたい皐月賞3着馬ですが、ダービーでの失速を見ると揉まれずにマイペースで運べることが好走条件となってきそうなところもあり、今回は状態は文句なしでも展開的に同型馬が多いだけにその馬との兼ね合いが鍵となってきそうです。

調教評価 A コース自己ベスト更新で成長見せる
ギベオン 栗東CW 84.8 69.8 54.6 39.9 12.4 馬なり
前走はNHKマイルC2着、そこからの参戦ということで距離不安も囁かれるところはありますが、最終追い切りでも溜めはしっかりと利いており、ラストで仕掛けられてからの加速は抜群。2200mならば我慢できるのではないかと思われるところであり、追い切りの動きを見ても1週前にはコース6Fで80.8と自己ベストタイムを更新してきているあたりは春先からの地力強化もうかがえるところ。どこからでも競馬をできる器用さも備えている馬ですが、今回は最内枠だけにまずは前に壁をしっかりと作って脚を溜めることができれば堅実な末脚を伸ばしてくる可能性は高い状態にあると言えそうです。

調教評価 A ダービー3着馬が力を示せる仕上がり
コズミックフォース 美浦南 68.0 53.0 38.7 12.7 馬なり 併せ併入
ダービー3着馬のコズミックフォース。そのダービーは16番人気からの劇走だっただけに嵌ったという人も多くいますが、初勝利を挙げた際にルメール騎手がダービーも狙えるとコメントを残したほどの素質馬。距離が伸びてその良さがどんどん出てきている感もあり秋初戦のセントライト記念でも当然注目の存在。最終追い切りは併せ馬で迫力十分の動きを見せており、1週前には81.3 66.5 52.0 37.9 12.9とコース6Fでの自己ベストを更新しており、しっかりと仕上がっていると判断していいところでしょう。

圧倒的1番人気に推されているレイエンダは藤沢厩舎所属馬で常に速い時計は出さない調整をしてくるだけに評価が難しいところはありますが、仕掛けられてからの反応は鋭さがあり見所十分ではあったので時計は水準級でもB評価以上は必要なところでしょう。後は京都2歳ステークス勝ちのあるグレイルとブレステイキング・ゼーゲンの条件戦を勝ち上がったばかりの新興勢力勢は菊花賞への権利獲りへ好仕上がりを感じさせる動きを見せているだけにB評価をつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこのセントライト記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA