【セントライト記念 2018 予想】 | 本気競馬

【セントライト記念 2018 予想】

yosou_grade

セントライト記念2018[レース予想]

前走逃げて連対したのが、ケイティクレバー、ショウナンラーゼン、タニノフランケルの3頭。各馬行ければ行きたいクチだが、何が何でもはケイティクレバー。ショウナン、タニノは無理せず控えると予想。ジェネラーレウーノ、コズミックフォースが好位を追走し、その直後にレイエンダ。中団~後方にかけてグレイル、オウケンムーン、ギベオン、ゼーゲン、ブレステイキング。ペースは平均で、先行~好位勢に利がありそう。

セントライト記念2018 予想【本命◎ ギベオン】

毎日杯(GⅢ)では、ブラストワンピースの2着と好走。続くNHKマイルC(GI)も、厳しい展開を一旦抜け出す強い競馬の2着。重賞のひとつやふたつはすぐにでも勝てる馬だろう。今回は2200mの距離克服がテーマとなるが、芝1800mの新馬戦を快勝→東京芝2000mのフリージア賞(500万下)連勝の内容からは問題なし。菊花賞云々はさておき、ここは通過点の可能性もある。

セントライト記念2018 予想【対抗○ グレイル】

レース中の骨折もあった前走の日本ダービー(GI)だが、初東上となった3走前の共同通信杯(GⅢ)も見せ場らしい見せ場なく7着惨敗。末脚勝負だけに直線の長い東京コースは合うと思われたが、イメージ以上に左回りが合わない印象も。チグハグな形でもよく伸びた皐月賞(GI)6着から、中山コースは問題なし。ベストの右回りに戻れば、反撃がある。

セントライト記念2018 予想【単穴▲ タニノフランケル】

復帰戦となった前走の西部スポニチ賞(1000万)は、7頭立てと相手関係にも恵まれたが、スッとハナを取り切るとあとは終始楽な手応えで2着馬に4馬身差。体は12キロ減っていたが、細いと言うよりはシェイプアップされたという感じ。春先までの野暮ったさが解消されていた。母ウオッカの良血馬。控える形も問題なく、重馬場【2-0-1-0】も心強い。

セントライト記念2018 予想【特注☆ ケイティクレバー】

前走の日本海S(1600万下)は、すんなりハナを切れたことが好走因だが、やはり単騎で行ければかなりしぶといタイプ。これでデビューから逃げた時の成績は【2-1-2-2】で、大きく崩れたのは相手が強く距離も短かった朝日杯FS(GI)11着だけ。ここは同型複数でも、行き切れば案外マイペース。

セントライト記念2018 [馬券考察]

  • 本命◎:1ギベオン
  • 対抗○:2グレイル
  • 単穴▲:9タニノフランケル
  • 特注☆:11ケイティクレバー

波乱指数【60】

圧倒的人気が予想されるレイエンダだが、まだキャリア3戦。楽勝でも納得の好素材だが、ここは一気の相手強化。案外脆さを見せる可能性もある。その展開を織り込んでの穴狙いも。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番1.2.9.11の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA