【ローズステークス 2018 予想】 | 本気競馬

【ローズステークス 2018 予想】

yosou_grade

ローズステークス2018[レース予想]

差し~追い込み馬が大半の顔ぶれ。ラテュロスが単騎で行って、スロー~平均ペースだろう。好位にオールフォーラヴ、カンタービレ、ゴージャスランチ。中団にウラヌスチャーム、フィニフティ、レッドランディーニ、センテリュオ、サラキアあたりが続く形。その後ろからサトノワルキューレ、トーセンブレス、アンコールプリュ。例年通り、最後は瞬発力比べの様相。

ローズステークス2018 予想【本命◎ トーセンブレス】

新馬戦で子ども扱いした2着馬が、関屋記念快勝のプリモシーン。その後は上手く噛み合わない印象だが、大きく崩れたのは一気の相手強化となった2戦目のアルテミスS(GⅢ)6着だけ。オークスはザセキで無念の直前取消となったが、桜花賞では世代上位の力を示す4着。阪神コースの経験もあり、ここは仕切り直しの一戦に。

ローズステークス2018 予想【対抗○ ウラヌスチャーム】

前走の三面川特別(1000万下)は、最後首の上げ下げで惜敗だが、勝ったディメンシオンはオープン級の好素材。ひと息入っていたことも加味すれば、十分すぎる内容といえよう。春先は、ブラストワンピースやタニノフランケルなど強力牡馬と一緒に走って揉まれた強み。格下とはいえ、牝馬同士ならここでも。

ローズステークス2018 予想【単穴▲ ラテュロス】

ヨーイドンの形では厳しく、主導権を握って運ぶ形が理想。前走は少頭数のスロー逃げ4着だけに信頼性ひと息だが、ここも再度自分の形に持ち込める顔ぶれ。有力各馬は次を見据えて折り合い重視だけに、逃げ馬有利の一戦。過去5年で、逃げ馬は3回馬券内に絡んでいる。

ローズステークス2018 予想【特注☆ レッドランディーニ】

瞬発力勝負なら、もちろんディープ産駒に注目だが、この馬は2走前のカーネーションカップで上がり32秒9の記録。前走は遠征帰りの一戦ということもあり、馬体減。そのぶん伸びを欠いた印象だが、その後すぐに立て直して仕上げてきた。そう差はない。

ローズステークス2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑪トーセンブレス
  • 対抗○:⑭ウラヌスチャーム
  • 単穴▲:④ラテュロス
  • 特注☆:①レッドランディーニ

波乱指数【40】

オークス組が強い傾向とはいえ、今年は6着のサトノワルキューレが最先着。これなら新興勢力の台頭も見込めそう。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①④⑪⑭の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA