【神戸新聞杯 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【神戸新聞杯 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/9/23開催「神戸新聞杯(G2)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

神戸新聞杯 2018 [1週前出走予定馬]

  • アイトーン/牡3/五十嵐厩舎・栗東
  • エタリオウ/牡3/友道厩舎・栗東
  • エポカドーロ/牡3/藤原英厩舎・栗東
  • グレートウォリアー/牡3/藤原英厩舎・栗東
  • ゴーフォザサミット/牡3/藤沢和厩舎・美浦
  • ステイフーリッシュ/牡3/矢作厩舎・栗東
  • タイムフライヤー/牡3/松田国厩舎・栗東
  • バイオレントブロー/牡3/佐々木晶厩舎・栗東
  • ビッグスモーキー/牡3/清水久厩舎・栗東
  • メイショウテッコン/牡3/高橋忠厩舎・栗東
  • ワグネリアン/牡3/友道厩舎・栗東

■2018/9/11現在

神戸新聞杯 2018 [注目馬考察]

神戸新聞杯 出走予定馬 /ワグネリアン

皐月賞敗退を糧に、攻めの騎乗で勝ち取ったダービージョッキーの称号。前走は福永騎手の気迫溢れる騎乗も大きかったが、正攻法の競馬で応えたワグネリアンも立派。この後は菊花賞か天皇賞は流動的だが、少なくと2400mまでなら3歳馬の中では№1。順調に夏を越し、まずは好発進。

神戸新聞杯 出走予定馬 /エタリオウ

この秋、ワグネリアンの最大の敵となりそうなのがこの馬。外枠のぶん、いつもの先行策が取れなかったが、後方からラストは凄い伸び。スローで脚を余していた感もあり、もう少し流れに乗った競馬なら着順は上がっていた可能性も。距離が延びれば延びるほど良さが出るタイプ。菊花賞へ向けてまず権利取り。

神戸新聞杯 出走予定馬 /エポカドーロ

前が飛ばす展開を絶好位から抜け出した皐月賞。ややフロック視されていた面もあったが、そんな声はダービー2着で一蹴してみせた。母系が短距離志向だけにさらに距離が延びてどうか?の懸念はあるが、スローのダービーでもしっかりと折り合えていた。ワグネリアン同様、2400mまでなら問題なし。/p>

神戸新聞杯 2018 [今後の動向]

ダービー馬と皐月賞馬がいきなり激突。GI馬タイムフライヤーもクラシック血統だけに、まだ見限ることはできず、ステイフーリッシュ、メイショウテッコンなど先行勢も強力。秋の成長を確かめたい一戦。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA