【ローズステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【ローズステークス 2018 予想オッズ】

odds_s

ローズステークス2018 [出走予定馬短評]

3着までに優先出走権が与えられる秋華賞のトライアルレース・ローズステークス。過去の好走馬を見れば一目瞭然、本番に直結する最重要ステップレースといえる。今年は2冠馬アーモンドアイが秋華賞へ直行するなど、春のクラシック上位組のいないメンバー構成。とはいえ、重賞好走歴のある実績馬や夏場に結果を残した上がり馬が揃っており、秋華賞へ向けて見逃せない1戦となった。

ローズステークス2018 予想オッズ/サトノワルキューレ(3.2倍)

前走・優駿牝馬(G1)では、初めて対戦する一線級の強敵相手に7着敗退。もっとも、勝負所でややもたつく場面こそあったが、最後までしっかりと脚を伸ばしており評価を落とす内容ではない。フローラS(G2)での鮮やかな直線一気は記憶に新しく、阪神適性もゆきやなぎ賞(500万下)で証明済み。優駿牝馬で先着された馬のいない相手関係なら中心視できる。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

ローズステークス2018 予想オッズ/サラキア(5.4倍)

2戦目で挑んだチューリップ賞(G2)では、ラッキーライラックなど阪神JF(G1)の上位3頭に次ぐ4着善戦。その後は勝ちきれないレースが続いたが、前走・青島特別では3角手前からひと捲りで古馬勢を3馬身半突き放す楽勝劇。夏場の休養を挟んで成長した走りを見せており、今の充実具合なら重賞初勝利も手の届く位置にいる。オッズは、4倍から6倍台が予想される。

ローズステークス2018 予想オッズ/カンタービレ(5.9倍)

前走・優駿牝馬(G1)では、道中4番手の絶好位につけるも直線早々に手ごたえをなくし13着。マイル戦でデビューしているように、やはり2400mは長すぎた印象が強い。今回は距離短縮したうえ、2戦2勝と最も得意としている1800m戦で前進必至。常に好位で立ち回れるレースセンスの高さは大きな武器で、上位争い有力候補の1頭。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

ローズステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

トーセンブレスは、デビュー以降安定してラスト3F最速級のタイムを計測しており、末脚の破壊力ならメンバー屈指。新馬勝ちのみの1勝馬だが、阪神JF4着・桜花賞4着とG1でも常に善戦しており、展開や乗り方次第でいつでも重賞を勝てる能力は秘めている。賞金的に秋華賞出走へ不安が残る立場ゆえ、出走権確保に向けて有力どころでは最も勝負気配は高い。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA