【紫苑ステークス 2018 予想】 | 本気競馬

【紫苑ステークス 2018 予想】

yosou_grade

紫苑ステークス2018[レース予想]

近3年の勝ち馬は、いずれも中団~後方に構えた組。エアレーションの効果により、開幕週でもパンパン馬場ではなく、差しが決まりやすい馬場傾向。今年もHPでエアレーションの実施が発表されているため、この傾向に変化はないはず。逃げ候補は、ホクセンジョウオーとランドネ。これにノームコア、ハーレムライン、カレンシリエージョなどが続き、注目マウレア、オハナ、サラス、レッドベルローズあたりが中団を追走。流れは平均程度でも、前述したように馬場は差し馬向き。最後は瞬発力秘める馬が台頭。

紫苑ステークス2018 予想【本命◎ ロマンテソーロ】

久々+一気の相手強化とかなり分が悪い印象だが、前走は先行有利の流れの中、唯一頭後方から伸びて上がり33秒6。決め手だけなら、ここに入っても十分通用しそうな感触で、父ヴィクトワールピサならコーナー4つの小回りコースも歓迎のはず。差しが決まりやすい馬場傾向も加味すれば、妙味十分とみる。

紫苑ステークス2018 予想【対抗○ マウレア】

桜花賞、オークス(ともにGI)は上位勢との力差を痛感も、ともに掲示板は確保。条件不問の差し脚は魅力で、この馬も馬場傾向にマッチするタイプ。全姉アユサンは鋭い瞬発力を武器に桜花賞を制したが、こちらはどちらかと言えば持続力のある末脚が持ち味。1600mは若干距離不足で、おそらくベストは1800~2000mあたり。

紫苑ステークス2018 予想【単穴▲ カレンシリエージョ】

ひと息入れて立て直した前走快勝。高速馬場の小倉とはいえ、1分46秒4の時計も上々で、ひと夏を越しての成長度にも期待が持てる。昨年快勝のディアドラと同じ、ハービンジャー産駒。馬場は差し馬向きでも、後方で牽制しあう展開となれば、この馬の先行力が生きる。

紫苑ステークス2018 予想【特注☆ クイーングラス】

デビュー戦は、既走馬相手に完勝。その後2戦は、道中行きたがったりする若さを覗かせつつも2着確保と強い競馬。クラスが上がり、ペースが流れる方がこの馬の持ち味が生きるはず。ひと叩きして実績残す舞台なら。

紫苑ステークス2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩ロマンテソーロ
  • 対抗○:①マウレア
  • 単穴▲:⑨カレンシリエージョ
  • 特注☆:⑥クイーングラス

波乱指数【30】

春のクラシックでも見せ場を作ったマウレアにとっては、ここはかなり楽な相手関係。勝つかどうかは別として、馬券外は考えづらく、比較的平穏な決着に。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番①⑥⑨⑩の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA