【セントウルステークス 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【セントウルステークス 2018 予想オッズ】

odds_s

セントウルステークス2018 [出走予定馬短評]

サマースプリント最終戦にして、スプリンターズSへの最重要ステップレースの役割も担うセントウルステークス。今年は3歳牝馬にしてシリーズ制覇を狙うラブカンプー、春のスプリント王・ファインニードルなど本番に直結しそうな好メンバーが揃った。オッズは、唯一のG1ホースであるファインニードルを中心に形成されてくる。

セントウルステークス2018 予想オッズ/ファインニードル(2.7倍)

年明け初戦から重賞連勝で高松宮記念(G1)を制覇。続く香港遠征では4着に敗れるも、現地の強敵相手に善戦しており評価を落とす内容ではない。昨年もこのレースで初重賞制覇を飾っており舞台適性に不安はなし。初めて背負う斤量58kgさえ克服できるなら連覇の可能性は高く、春のスプリント王が秋初戦でどんな走りをするのか注目が集まる。オッズは、2倍台が予想される。

セントウルステークス2018 予想オッズ/ラブカンプー(3.9倍)

前走・北九州記念(G3)では、好スタートから2番手につけると直線ラスト3F33秒台の脚でまとめ3着健闘。逃げ先行馬が下位に沈む厳しい流れのなか、先行勢で唯一上位に踏ん張っており、着順以上に強さを感じさせた好内容。これで短距離重賞では3戦連続3着以内と急成長しており、このレースを勝って逆転でサマースプリント王者になる可能性も十分にある。オッズは、3倍から5倍台が予想される。

セントウルステークス2018 予想オッズ/アサクサゲンキ(7.1倍)

2歳時には小倉2歳S(G3)を制し、3歳になってもファルコンS(G3)2着など短距離戦で存在感を示し続けている快速馬。ここ数戦は脚質転換の影響もあり消化不良のレースが続いているが、古馬相手に上がり最速タイムを連発しており、展開や乗り方次第で直線一気ができる瞬発力は備えている。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

セントウルステークス2018 [狙い目となる穴馬は?]

ネロは、2年前のこのレース2着馬で侮れない存在。7歳となったが今年3月オーシャンS(G3)で4着になるなど、まだ重賞で通用するスピード能力は維持している。今回鞍上に初起用される福永騎手はスタートが上手く当たりが柔らかいため、いかにもこの馬と手が合いそうな雰囲気。すんなり先手がとれる展開に持ち込めば、前残りで粘り込む場面もありえる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA