【京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想オッズ】 | 本気競馬

【京成杯オータムハンデキャップ 2018 予想オッズ】

odds_ss

京成杯AH2018 [出走予定馬短評]

サマーマイルシリーズの最終戦にして、秋の中山開催における名物重賞・京成杯オータムハンデ。紛れの多いコースで施行されるハンデ重賞のため、長年1番人気が全く馬券に絡まない時期が続いたが、ここ2年は1番人気が順当に勝利して傾向に変化が出てきた。今年は珍しく3歳&4歳馬の登録が1頭もなく、実力拮抗の混戦模様で難解なメンバー構成となっている。

京成杯AH2018 予想オッズ/ロジクライ(3.2倍)

前走・中京記念(G3)では、道中4番手の好位から直線でもしっかりと脚を伸ばし2着好走。G1好走歴もあるグレーターロンドンに先着を許したのみで、重賞級の能力があることを改めて認識させる内容だった。長く良い脚を使えるパワー型の同馬にとって中山コースは相性が良さそうなため、悲願の初重賞制覇も近づいてきた。オッズは、2倍から3倍台が予想される。

京成杯AH2018 予想オッズ/ワントゥワン(5.4倍)

前走・関屋記念(G3)では、4角15番手から強烈な追い込みでタイム差なしの2着好走。常にラスト3Fメンバー最速級のタイムを計測しており、どんな展開でも末脚不発がないのは頼もしい限り。重賞連戦するなかで1戦ごとに着順・内容ともに向上している成長力は見逃せない。初参戦となる小回り中山を鞍上がどう乗りこなすのか手綱裁きにも注目。オッズは、4倍から7倍台が予想される。

京成杯AH2018 予想オッズ/ミッキーグローリー(5.9倍)

昨年秋から4戦3勝と一気にOP入りを果たした上がり馬。特に前走・阿武隈Sでは後方から早めに進出する機動力と持久力を見せて快勝しており、脚質自在でレースセンスの高さを示した1戦だった。勢いならメンバー屈指で、中山も【2.1.1.1】と相性の良い得意コース。重賞初挑戦でいきなり結果を出せる潜在能力を秘めている。オッズは、5倍から8倍台が予想される。

京成杯AH2018 [狙い目となる穴馬は?]

ロードクエストは、前走・関屋記念(G3)で5着と善戦。適距離を模索するなど一時期は不振も続いていたが、重賞で久々に掲示板確保しており復調の兆しが出てきた。特に近走は前々の位置取りでもレースをしており、展開に左右されにくい柔軟な走りができるようになってきた。2年前は3歳で古馬撃破してこのレースを制した実力馬でもあり、思い出の舞台で復活する場面が見られるかもしれない。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA