新潟記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

新潟記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1新潟最終週に末脚を爆発させて新潟記念を勝つのはこの馬!
降雨の影響が心配される新潟競馬場ですが新潟記念当日の天候は「晴」予報となっているだけに馬場の乾き具合も気にしつつ予想をしていきたいところ。馬場がどうあれまずは追い切りで絶好の動きを見せている馬をチェックするのが馬券予想のセオリーであり、新潟の長い直線を鋭い末脚で駆け抜けてきそうな好調馬をしっかりと探し出しておきましょう。

調教評価 A 休み明けでもきっちり仕上がる
ブラストワンピース 美浦南W 53.4 38.2 12.4 馬なり 併せ先着
日本ダービー5着以来の競馬となりますが、育成でしっかりと乗り込まれた後に美浦に戻ってからの動きは軽快そのもの。さすがにダービー時のような絶好の動きとまではいきませんが、少なくとも毎日杯を制した時よりも動けている印象はあり休み明けを考えればこれで十分。いたって順調に調整を進めて態勢は整ったと見ていいところ。この秋は菊花賞を狙うということならば古馬相手でもハンデ54kgならばここは結果を求めたいところではないでしょうか。持ち前の息の長い末脚を発揮できればここでも好勝負必至となってきそうです。

調教評価 A 自己ベスト更新で絶好調
ストーンウェア 栗東CW 80.8 65.4 50.8 36.9 11.6 一杯
一息入れた後の小倉記念でも5着好走して臨む新潟記念。ポイント的にサマー2000王者には勝ってもなる資格はありませんがそれでも初重賞制覇へ向けて状態を確実にあげてきている印象はあります。小倉記念後も休むことなくビッシリと乗り込まれて直前の追い切りでは自己ベストを更新する6F80.8をコースでマークして終いも11.6でまとめる圧巻の動きを披露。ここ3戦は掲示板には載ってきているものの勝ち切れない競馬となっているだけにその鬱憤を晴らす好走をこの新潟記念では期待してみたいものですが、雨馬場が残るようだと渋った馬場を苦手とする馬だけに良馬場ならばの狙いと言えそうです。

調教評価 A 重賞制覇へ仕上げは抜かりなし
グリュイエール 栗東CW 54.1 39.2 24.7 12.1 馬なり
2年間の長期休養明けから復帰して前走のエプソムカップでも3着に好走。その後は一息入りましたが、この中間は8月上旬から乗り込みを再開して順調に乗り込まれており、全体の時計は水準級のものとなっていますが、終いの伸びはとにかく目を引く動きを披露しています。最終追い切りでも仕掛けられるとラスト12.1と抜群の反応を示しており、ハンデも手頃で得意の左回り。休み明けも苦にしないタイプということならば待望の重賞初制覇の可能性も十分と見ておきたいところではあります。

その他にも8ヶ月ぶりの休み明けとなるセダブリランテスは稽古の動きは常に目立たない馬ではありますが、この馬なりの動きを見せて乗り込み量も十分なだけにB評価はつけておきたいと思います。後は夏場でも活発な動きを見せているマイネルミラノとコースで絶好の動きを披露していたエンジニアにB評価をつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの新潟記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA