札幌2歳ステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

札幌2歳ステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1札幌2歳王者に輝くのは状態絶好のこの馬!
夏の札幌開催の最終週の注目レース、札幌2歳ステークスへ向けて各馬が態勢を整えてきています。前売りオッズではクラージュゲリエ・ウィクトーリアが人気を集めていますが、果たして今年の札幌2歳チャンピオンになるのはどの馬か?追い切りの動きから絶好調の馬を探っていきます。

調教評価 A 切れ味抜群で好仕上がり
クラージュゲリエ 札幌ダ 70.3 54.3 38.8 12.1 馬なり 併せ先着
最終追い切りは直線に入ってから軽く仕掛ける程度の軽めの調整でもその仕掛けられてからの反応が抜群。ラスト12.1は時計以上の鋭さを感じさせるもので、さすがにデビュー戦で豪脚を見せた馬ということを印象付けましたが、1週前の芝コースでの追い切りでも同様に終いに迫力ある動きを見せており、札幌2歳ステークスへ向けて持ち前の切れ味を更に磨いてきている感はあります。ここでも豪快なレースをして勝つようだと将来が非常に楽しみになってくると言えるでしょう。

調教評価 A 抜群の反応示して調子は良
アフランシール 札幌芝 52.3 37.3 11.9 馬なり 併せ先着
最終追い切りは芝コースで4F追いという軽めの内容でもラストの反応は抜群。デビュー戦も同様の最終追い切り芝コース4F追いから勝利しているだけに調整パターン的にも心配することはないでしょうし、反応はレースを一度使って更に良くなっている印象。そのデビュー戦は中団から楽々と抜け出す見所十分のレース振りであったことから、ここでもそのレースセンスを発揮すれば十分に勝ち負け可能な状態にあると見て良さそうです。血統的にも洋芝コースで実績を残してきている血筋なだけに注目してみたいところではあります。

調教評価 A 一追い毎に調子をあげる
エメラルファイト 札幌芝 66.0 51.6 37.3 12.2 馬なり 併せ遅れ
6月の東京競馬場での新馬戦を勝って以来の競馬とはなりますが、8月頭から函館競馬場でビッシリと乗り込んでから札幌競馬場入りして最終追い切りでは併せ馬で遅れはしたものの終いの伸びは合格点を与えられるもの。この中間はとにかく熱心に乗り込まれており、一追い毎に良化を感じさせるところではあり、この一追いできっちりと仕上がったと判断してよさそうです。小回りコース・洋芝適性も問われる1戦とはなりますが、一発に期待してみたいところはあります。

このほかにも門別競馬場で追いきられたナイママは前走コスモス賞同様の仕上がりにはあると判断できる動きでB評価はつけておきたいところ。人気になっているウィクトーリアも軽めの調整で折り合いを確かめる稽古に終始していましたが効果は感じられるところでB評価は必要でしょう。

keibajo_02

それでは今週はこの札幌2歳ステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA