【京成杯オータムハンデキャップ 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【京成杯オータムハンデキャップ 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/9/9開催「京成杯オータムハンデ(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

京成杯オータムハンデ2018 [1週前出走予定馬]

  • ウインガニオン/牡6/西園厩舎・栗東
  • グレーターロンドン/牡6/大竹厩舎・美浦
  • ショウナンアンセム/牡5/田中剛厩舎・美浦
  • ストーミーシー/牡5/斎藤誠厩舎・美浦
  • ヒーズインラブ/牡5/藤岡健厩舎・栗東
  • ベステンダンク/牡6/安達厩舎・栗東
  • ミュゼエイリアン/セン6/黒岩厩舎・美浦
  • ヤングマンパワー/牡6/手塚厩舎・美浦
  • ロードクエスト/牡5/小島茂厩舎・美浦
  • ロジクライ/牡5/須貝尚厩舎・栗東
  • ワントゥワン/牝5/藤岡健厩舎・栗東

■2018/8/28現在

京成杯オータムハンデ2018 [注目馬考察]

京成杯オータムハンデ出走予定馬/グレーターロンドン

前走の中京記念をレコード快勝。前半600m通過が33秒8とペースが流れたことも勝因のひとつだが、元々の素材はGI級。脚元の関係で数を使われていないぶん、ここからの本格化も望める。直線の長いコースがベターとはいえ、中山でも2勝マーク。開幕週とはいえ、エアレーションの効果で差し馬にも十分チャンスがある馬場傾向。重賞連破に期待。/p>

京成杯オータムハンデ出走予定馬/ロジクライ

グレーターロンドンの決め手に屈した前走の中京記念だが、こちらも3ヶ月ぶりを思えば上々の内容。最後は展開のアヤと捉えてよく、より機動力が生きる中山なら逆転も十分可能。中間の調整も至って順調、今は脚元の不安もないと見れば、再度好勝負は間違いなし。

京成杯オータムハンデ出走予定馬/ワントゥワン

終い一手で何かと噛み合わなければ勝ち切るまではいかないが、前走はメンバー最速となる上がり32秒8で猛追。勝ったプリモシーンとは3キロの斤量差があったことを思えば、内容は十分と言えよう。すっかり距離にもメドがついたし、牡馬相手でも通用の瞬発力も内包。ここも上位争い。

京成杯オータムハンデ2017[今後の動向]

近年の勝ち馬を見てもさほど先に繋がる印象はなく、ここ狙いの馬を見つけるのが得策。開幕週とはいえ、以前ほど前前決着にならない点にも注意したい。グレーターロンドンは重賞連勝でGIへ向かえるか。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA