新潟2歳ステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表! | 本気競馬

新潟2歳ステークス2018追い切り診断/追い切り評価ベスト3を発表!

oikiri2_1今年の新潟2歳チャンピオンとなるのは状態絶好のこの馬
例年、上がり32秒台での末脚勝負となることが多い新潟2歳ステークスがいよいよ発走となりますが、今年は雨の予報が出ており重馬場の巧拙も大きく結果を左右しそうな状況となってきました。ただ、馬場がどうであれ好調馬が上位にくる可能性は大であり、追い切りの動きから狙うべき馬をしっかりとピックアップしておくことにします。

調教評価 S 動き絶好で文句なしの状態
ジョディー 美浦南W 66.5 51.4 38.6 13.2 G前追う 併せ先着
デビュー時から稽古の動きの目立つ馬ではありましたが、6月の新馬戦後の休養明けでも今回も活発な動きを見せて最終追い切りでも終いこそ13秒台でもラスト4Fは51秒台と優秀で併せ馬にもきっちり先着と理想的な追い切りを消化。圧巻だったのは1週前の追い切りで南Wコースを80.0 63.6 49.9 37.3 13.3と2歳馬離れした時計で駆け抜けてきており状態はかなり良好であることは間違いのないところ。デビュー戦で負かしたウインゼノビアが先のクローバー賞を快勝しているようにレベルも高い新馬戦を勝ち上がってきており、血統的にも重馬場は苦にしないタイプと見てよさそうなところ。これは期待も高まってきている状況にあると言ってよさそうです。

調教評価 A 終いの伸び目立つ動きを見せる
アンブロークン 美浦南W 68.0 52.7 38.5 12.3 馬なり
1週前に一杯に追われてきているだけにこの最終追い切りは軽めの馬なり調整。それでもラスト12.3と鋭い脚が目を引く動きを見せており、これまで稽古で見せていなかった終いの伸びとなっただけに、1週前追い切りを経てグンと馬が良化したと見ても良さそうなところ。これならば決め手勝負となってもやれるのではないかという期待もできるところではありますが、何よりデビュー戦で重馬場を克服して勝利を挙げているだけに降雨予報・重馬場予報は歓迎と言えるかもしれません。そういった意味からもしっかりと流れに乗れれば終いは確実に伸びてくることが予想されるだけにぜひとも抑えておきたい1頭ということになりそうです。

調教評価 A 併せ馬先着に好感。更に良化気配
エルモンストロ 栗東坂路 55.5 40.3 25.9 12.5 馬なり 併せ先着
時計こそ平凡なものとはなっていますが、これまで併せ馬では併入がやっとで先着をしたことがなかったエルモンストロがこの最終追い切りでは終いに鋭い脚を見せて先着してきたことには注目しておきたいところ。馬に走る気が出てきたと見ることもでき、前走よりも確実に良化が感じられるところでもあることから注目が必要となってくるのではないでしょうか。血統的にも父ルーラーシップならば重馬場を苦にすることもなさそうですし、どんな走りを見せてくれるのか楽しみな1戦となってきそうです。

このほかにも、人気になっているケイデンスコールをはじめ、エイシンゾーンとロードアクアは上記3頭に続いて軽快な動きを見せてきているだけに状態は良好と判断できるのでB評価はつけておきたいと思います。

keibajo_02

それでは今週はこの新潟2歳ステークスで美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA