【小倉2歳ステークス 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【小倉2歳ステークス 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/9/2開催「小倉2歳ステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

小倉2歳ステークス 2018 [1週前出走予定馬]

  • アーデントリー/牡2/川村厩舎・栗東
  • エイシンノホシ/牝2/沖厩舎・栗東
  • ジャカランダシティ/牡2/牧浦厩舎・栗東
  • シングルアップ/牡2/寺島厩舎・栗東
  • セプタリアン/牡2/池添学厩舎・栗東
  • タガノジェロディ/牡2/浅見厩舎・栗東
  • タムロドリーム/牝2/西園厩舎・栗東
  • チュウワフライヤー/牝2/大久保龍厩舎・栗東
  • ファンタジスト/牡2/梅田智厩舎・栗東
  • ブルベアオーロ/牡2/川村厩舎・栗東
  • マイネルエイブ/牡2/西園厩舎・栗東
  • ミヤジシルフィード/牡2/川村厩舎・栗東
  • ルチアーナミノル/牡2/本田厩舎・栗東

■2018/8/21現在

小倉2歳ステークス 2018 [注目馬考察]

小倉2歳ステークス 出走予定馬 /シングルアップ

新馬→フェニックス賞と2連勝。ともに異なる競馬で快勝と、レースセンスの高さも特筆モノ。多頭数の競馬で揉まれる形になってどうかはあるものの、それは大半の馬にも言えること。前走は一息入っていた影響もあって、14キロ増と余裕残しの体つきだっただけに、かなりの上積みを見込んでもいい。

小倉2歳ステークス 出走予定馬 /ルチアーナミノル

菊花賞馬キセキを筆頭に、ストライドの大きな馬が多いルーラーシップ産駒だが、こちらは小足が使えるタイプ。前走はすんなりハナを奪っての逃げ完勝で、時計1分8秒2は翌週のフェニックス賞1分8秒4を上回る優秀なもの。その比較から重賞でも即通用の感触。

小倉2歳ステークス 出走予定馬 /タムロドリーム

前走はクビ差辛勝にも映るが、前半600m通過33秒2と新馬戦にしては速いペース。追いかけてきた先行勢をすべて振り払っての逃げきりなら、着差以上の強さと捉えることもできる。旋風吹き荒れるジャスタウェイ産駒。この馬も素質は高い。

小倉2歳ステークス 2018 [今後の動向]

2年前の勝ち馬レーヌミノルは、翌年の桜花賞快勝だが、全体的には仕上がりの早さがカギを握る一戦。ヨハネスブルグ(ジャカランダシティ)、ヘニーヒューズ(チュウワフライヤー)など、早熟血統馬にも注目したい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA