【新潟記念 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【新潟記念 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/9/2開催「新潟記念(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

新潟記念2018 [1週前出走予定馬]

  • グリュイエール/牡6/藤原英厩舎・栗東
  • ショウナンバッハ/牡7/上原厩舎・美浦
  • スズカディープ/セン6/橋田厩舎・栗東
  • ストーンウェア/牡/吉田厩舎・栗東
  • セダブリランテス/牡4/手塚厩舎・美浦
  • ナスノセイカン/牡6/矢野英厩舎・美浦
  • ブラストワンピース/牡3/大竹厩舎・美浦
  • ロッカフラベイビー/牝6/鹿戸雄厩舎・美浦

■2018/8/21現在

新潟記念2018 [注目馬考察]

新潟記念出走予定馬/ブラストワンピース

3連勝で臨んだ大一番・日本ダービーは2番人気5着。出負け気味のスタートはすぐさまリカバリーできたが、惜しむらくは最後の直線でスムーズさを欠いたこと。一旦下げてから外に持ち出しての0秒2差だけに、そこさえスムーズに捌けていればこの馬が・・・という見方ができなくもない。いずれにせよ、今年の3歳馬の中ではトップクラスの能力であることは明らか。ハンデ戦+古馬相手と超えるべき壁は高く映るが、菊花賞へ向けてここは落とせない一戦となる。

新潟記念出走予定馬/セダブリランテス

使い込めない弱みはあるものの、ここまで重賞2勝(セントライト記念・中山金杯)を含む5戦4勝。唯一の敗戦は、若干距離が長かったアルゼンチン共和国杯だけ。2000m前後ならまだ底を見せておらず、帰厩後の調整も至って順調。新潟コースでの勝ち星もあり、時計決着も問題なし。

新潟記念出走予定馬/ストーンウェア

前走の小倉記念は時計が速すぎたこともあるが、一息後とあって体調面の完調手前。その中での0秒7差5着は、この馬の能力を再認識させるに十分すぎる内容だった。今度は4勝マークの左回り。元来が叩き良化型ということも踏まえれば、ここはチャンス十分。

新潟記念2018[今後の動向]

例年ならサマー2000シリーズの行方が気になる一戦だが、今年はブラストワンピース一色。菊花賞へ向けてどこまで成長してきたか。その確認がテーマとなる。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA