【ブリーダーズゴールドカップ 2018 予想】 | 本気競馬

【ブリーダーズゴールドカップ 2018 予想】

yosou_chihou

2018 ブリーダーズゴールドカップ [レース予想]

前年は優勝馬のマイティティーを始めとして、上位を中央所属馬が独占したこのブリーダーズゴールドカップ。今年の中央からの遠征馬もみな実力の高い馬が多く、地方所属馬にとっては厳しい戦いが強いられそうだ。中でフォンターナリーリに騎乗するのはモレイラ騎手でもあり、騎手の注目度も非常に高い一戦となっている。ペース的にはそこまで速くはならなそうな気配だ。

ブリーダーズゴールドカップ 予想【◎フォンターナリーリ】

本命はフォンターナリーリ。先述のとおり同馬はモレイラ騎手騎乗により注目されるが、前走も快勝しており実績的にも好勝負だろう。日本での騎手免許取得の前に馬産地で技術を披露し、北の大地に根をおろすような活躍が期待される。中距離1800m戦だけを14戦全てで使われており、馬場が濡れても問題にしないパートナーなら問題はない。好位からの抜け出しに注目だ。

ブリーダーズゴールドカップ 予想【○クイーンマンボ】

対抗はクイーンマンボ。同馬は前走・平安ステークスから間隔は開いているが、実績的には最右翼とも取れる活躍を見せている。その平安ステークスではサンライズソアから1馬身差で、グレイトパールら強豪相手に2着と十分な健闘を示した。昨年のこのレースでも2着と馬場適性も高く、勝ち切れない面は否めないが崩れることも考えにくい。安定した好位脚質で、ルメール騎手の手綱も期待だ。

ブリーダーズゴールドカップ 予想【▲ラビットラン】

3番手はラビットラン。広い門別の外回りと降雨予報を考えれば、スピードと瞬発力を兼備する同馬の切れにも期待が持てる。こちらはM.デムーロ騎手騎乗で、現在中央競馬で考えられる最高の騎手が揃ったが、これから日本で覇を競うライバルには簡単に譲れない。極端な後ろからの競馬でなくても前走もこなしていたし、外枠11番からのスタートも巻かれにくい分好枠と見る。

ブリーダーズゴールドカップ 予想【△プリンシアコメータ】

最後はプリンシアコメータ。昨年のJBCレディスクラシックでは、タイム差なしの2着とした同馬。続くクイーン賞ではきっちり優勝を果たして見せ、連勝が期待されたが2番が続かなかった。ただ地方のダートで前目に付けられた時はムラなく走り、今回の鞍上戸崎騎手もいかにも手が合いそうに見える。豪華絢爛な騎手の競演という点からも無印にはできない。

2018 ブリーダーズゴールドカップ [馬券考察]

馬券は馬複。ボックスで、◎~△の計6点で勝負! ブリーダーズゴールドカップは8月16日、門別競馬第11レース、20時00分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメント

  1. 匿名 より:

    ド本命やん、、笑い
    ナリーナは昇級やから頭は無いね

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA