【クラスターカップ 2018 予想】 | 本気競馬

【クラスターカップ 2018 予想】

yosou_chihou

2018 クラスターカップ [レース予想]

地方所属馬のワンツー。ダートグレードレースにおける中央馬の強さには疑いがないが、昨年のクラスターカップは異例の結果となった。しかも1分8秒台のレコードと時計の面でも際立っていたが、勝者ブルドッグボスの存在が見当たらない今年のメンバー。では中央馬が盛り返すかと言えば安易な予想になると言えるが、その最大の理由となっているのは一体何か―。

クラスターカップ 予想【◎ラブバレット】

本命はラブバレット。昨年の覇者ブルドッグボスが不在となったこの一戦だが、中央所属馬の巻き返しが安易に叶いそうにない今年。その理由が前年2着の同馬の存在によるものだ。昨年のブルドッグボスも一昨年の当レース2着だったが、先述のとおり今回のラブバレットも同様に前年2着の実績。リピータの好走率が高い一戦という特色と、前年がレコード決着の中でタイム差無しの結果と強力。実績的にも前走優勝の勢いがあり本命が妥当だ。

クラスターカップ 予想【○オウケンビリーヴ】

対抗はオウケンビリーヴ。同馬は前走距離延長のマイル戦もこなして見せたが、鞍上がルメール騎手から北村友一騎手への乗り替わり。テン乗り自体は馬が対応できるタイプなので問題はないが、コンビとしての成熟を武器にする本命馬との差はありそう。得意距離のスプリント戦で強気になれる面もあるが、ペースもそれほど上がらなそうで今回も試金石だ。

クラスターカップ 予想【▲ネロ】

3番手はネロ。中央と地方のハイブリッドともいえる存在となる今回の同馬だが、その理由は中央所属で鞍上が吉原騎手であるからだ。このコンビは過去に一度きりのタッグを組んだことがあるが、その際は中央芝の重賞・京阪杯での優勝だった。強豪相手に9番人気で58kgを背負った勝利で、降雨予報の当日の馬場を踏まえれば十分勝機はある。上昇度で対抗まで評価は上げなかったものの実績は上だ。

クラスターカップ 予想【△ディオスコリダー】

最後はディオスコリダー。3歳時は果敢にドバイ遠征を行った同馬だったが、馬体が成長途上のためにこの時はまだ良績を残せず。それでも帰国後4か月の休養を挟んで好走を見せ、その後順調に勝ち上がって重賞を制するまでに至った。今回は休養期間が長かった分リスキーだが、間隔が開いても良績を挙げている実績があり軽視は禁物。津村騎手も結果を出して今後に繋げる意欲があろう。

2018 クラスターカップ [馬券考察]

馬券は馬複&ワイド。流しで◎ー〇▲△の計6点で勝負! クラスターカップは8月15日、盛岡競馬第10レース、16時30分発走予定

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA