【新潟2歳ステークス 2018 出走予定馬】 | 本気競馬

【新潟2歳ステークス 2018 出走予定馬】

syussouyoteiba

2018/8/26開催「新潟2歳ステークス(G3)」に向けて、現時点での出走予定馬から注目度の高い有力馬達の動向と状況をチェックしていきます。

新潟2歳ステークス 2018 [1週前出走予定馬]

  • アンブロークン/牡2/手塚厩舎・美浦
  • エイシンゾーン/牡2/松元茂厩舎・栗東
  • エルモンストロ/牡2/中竹厩舎・栗東
  • ショウリュウイクゾ/牡2/佐々木晶厩舎・栗東
  • ジョディー/牡2/戸田厩舎・美浦
  • スティルネス/牝2/小島茂厩舎・美浦
  • ロードアクア/牡2/浅見厩舎・栗東

■2018/8/11現在

新潟2歳ステークス 2018 [注目馬考察]

新潟2歳ステークス 出走予定馬/ショウリュウイクゾ

重賞3勝馬(チューリップ賞・京都牝馬ステークス・朝日チャレンジカップ)のショウリュウムーンを母に持ち、父がオルフェーヴルというクラシック血統。新馬戦はスタートでヨレて、出足一息。それでも態勢を立て直して中団へ取りつくと、あとは手応え通りの反応で抜け出した。追ってしぶとく、直線の長い新潟コースも大歓迎。早々とクラッシク級を確定させる。

新潟2歳ステークス 出走予定馬/ロードアクア

前走は新馬戦とはいえ、前半600m通過37秒8の超スロー。逃げて2着のアマデウスのレースだったが、それを難なく抜き去ったのがこの馬。手応え楽に上がり33秒8と強烈な瞬発力。父ロードカナロアで将来的にはスプリント路線かと思えるが、しっかり折り合いがついた内容から、2歳馬同士の1600mなら克服できるはず。

新潟2歳ステークス 出走予定馬/エイシンゾーン

アウィルアウェイ(ダリア賞勝ち)、ラブミーファイン(函館2歳ステークス2着)、そして衝撃的なデビューを飾ったヴェロックスと、種牡馬として幸先のいいスタートを切るジャスタウェイだが、この馬もかなりの出世が見込める器前走の中京2歳ステークスは、先行しての2着と新たな一面も見せた。キャリアが魅力。

新潟2歳ステークス 2018 [今後の動向]

ハープスターやイスラボニータなど輩出した出世レース。今年も逸材揃いとなりそうなだけに、注目の一戦に。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA