エルムステークス 2018 出走予定馬|ロンドンタウンなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

エルムステークス 2018 出走予定馬|ロンドンタウンなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/8/12(日)開催「エルムステークス(GⅢ)」に向けて、ロンドンタウン・ミツバなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

エルムステークス2018 [1週前出走予定馬]

  • アルタイル/牡6/手塚厩舎・美浦
  • アンジュデジール/牝4/昆厩舎・栗東
  • ディアデルレイ/牡7/牧厩舎・美浦
  • ドリームキラリ/牡6/矢作厩舎・栗東
  • ノーブルサターン/牡4/牧浦厩舎・栗東
  • ハイランドピーク/牡4/土田厩舎・美浦
  • ブラゾンドゥリス/牡6/尾形和厩舎・美浦
  • ミツバ/牡6/加用厩舎・栗東
  • メイショウスミトモ/牡7/南井厩舎・栗東
  • モルトベーネ/牡6/松永昌厩舎・栗東
  • モンドクラッセ/牡7/清水英厩舎・美浦
  • リーゼントロック/牡7/矢作厩舎・栗東
  • ロンドンタウン/牡5/牧田厩舎・栗東

■2018/7/31現在

エルムステークス2018 [注目馬考察]

エルムステークス出走予定馬/ロンドンタウン

昨年、1分40秒9の好時計で快勝すると、続くコリアカップも大差圧勝。それを思えば、以降【0-0-0-5】は正直物足りないが、GIの3戦(チャンピオンズカップ・東京大賞典・フェブラリーS)を除けば、着差は0秒5、0秒7差だけ。ローカルGⅢなら能力上位は明らか。コリアカップ連覇に向けても、ここでは格好はつけておきたい。

エルムステークス出走予定馬/ミツバ

目下の充実振り、勢いで言えばこの馬。前走のマーキュリーカップは、力の違いを見せつける差し切りで連覇達成。カネヒキリ産駒らしい成長度も大きな魅力で、札幌1700mも【1-1-1-0】と好相性。重賞連勝で決めれば、秋のJBCに於いても中心的存在に。

エルムステークス出走予定馬/ハイランドピーク

前走のマリーンステークスは完敗の2着だが、勝ったユラノトはエルムステークスを回避予定。前走でオープンでも通用することは証明できたし、ここ2戦はレース振りにも幅が出てきた印象。父トーセンブライトも、小回りコースを滅法得意とした馬。初めての札幌も何ら問題なし。

エルムステークス2018[今後の動向]

上がり馬ユラノト回避(予定)は残念だが、昨年の勝ち馬ロンドンタウンを筆頭に、今後のダート戦線を担う馬が集結。小回り適性が問われる一戦でもあり、各馬のコース実績などにも注意を払いたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA