阿武隈ステークス 2018 予想 / プレミオテーラー簡単には止まらない | 本気競馬

阿武隈ステークス 2018 予想 / プレミオテーラー簡単には止まらない

yosou_tokubetsu

2018/7/7(土)開催 福島11R 阿武隈ステークス
3歳以上1600万円以下 1800m (芝) ハンデ戦

阿武隈ステークス 2018 [予想印]

メンバー的に先行勢は複数いるが、逃げるのはプレミオテーラーぐらいで、これにタニノアーバンシーが続き、エマノン・コスモナインボールが好位へ。ミッキーグローリー・ユニゾンデライト・ベアインマインド・オウケンブラックが中団を追走し、その後ろからハナズレジェンド・デルマサリーチャンが足をためる展開に。ペースは平均程度で淡々と流れそうだが、中団~後方勢の動き出しがカギに。

阿武隈S 予想 【本命◎ プレミオテーラー】

前走の八ヶ岳特別(1000万下)はマークされない強みを生かしての逃げ切りだったが、勝ちっぷりは鮮やか。これでハッキリと戦法は定まったとみていい。全4勝中3勝が東京と京都外回りと広いコースでの戦績で、福島の小回り適性に疑問は残るものの、ここはテンから競り込まれることがない顔ぶれ。前走と同じ53kgなら、簡単には止まらない。

阿武隈S 予想 【対抗○ ベアインマインド】

前走の福島牝馬ステークス(GⅢ)は単純に力負けだが、オープンではペースが速く脚が溜まらない。勝利した2走前の富里特別(1000万下)のようなスロー→瞬発力勝負がこの馬の理想。ここは自己条件、先行勢も手薄だけに、勝った2走前の再現があってもいい。

阿武隈S 予想 【単穴▲ キャプテンペリー】

久々+昇級戦の4走前・初富士ステークス(芝1800m/1600万下)が、0秒2差の4着。それを思えば前3走は物足りないが、結果的に距離が短かった印象も。クロフネ産駒の平均ペース型。この距離はいかにも合う印象が強く、福島コースは2歳時の成績だが新馬戦1着と、きんもくせい特別(500万下)3着がある。馬場渋化も、むしろ歓迎のクチ。

阿武隈S 予想 【特注☆ ユニゾンデライト】

昇級後の2戦は、湾岸ステークス(1600万下)9着→下鴨ステークス(1600万下)7着と着実に内容が良化している印象。その前走ではマクる脚を見せて次に繋がる内容だった。クラス3戦目でさらに慣れが見込め、福島の小回り1800mならもう少し流れも速くなるはず。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

阿武隈ステークス 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑩プレミオテーラー
  • 対抗○:⑤ベアインマインド
  • 単穴▲:④キャプテンペリー
  • 特注☆:⑦ユニゾンデライト

波乱指数【60】

ハンデ、展開とも微妙。後方勢が一気に動き出す形なら、最後はモツれる展開。伏兵馬にも要注意。

馬券考察

馬券は馬連で、馬番④⑤⑦⑩の4頭BOX。計6点で勝負!

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA