オパールカップ 2018 予想 / テルキーネス折り合えればチャンス十分 | 本気競馬

オパールカップ 2018 予想 / テルキーネス折り合えればチャンス十分

yosou_chihou

2018/7/8(日)開催 盛岡12R オパールカップ
3歳オープン 芝 1700m(左) 定量戦

オパールカップ 2018 [予想印]

地方競馬場で芝コースを有するのは、ここ盛岡競馬場唯一つだが、それだけに芝適性が7計りにくい一戦。今年は他地区からの参戦馬も多く、予想はかなり困難な状況。コース適性面からは、やはりテルキーネスが優勢だが、スローになりそうな展開が予想され、外から早目に進出する差し馬にも注目したい。レースは3コーナー過ぎから動き出すと見られる。

オパールカップ 予想 【本命◎ テルキーネス】

本命はテルキーネス。前走の3歳戦で6着に敗れているが、2走前にここ盛岡芝のサファイア賞を優勝した。前年優勝のブラックロードもここを優勝して臨んだが、やはり未知の芝適性を考えるよりは実績馬を上位評価。展開的にも隣枠のナムラバンザイが逃げそうなので、2番手で息を殺して折り合えればチャンスは十分。スタミナも一倍あるので抜け出しを狙いたい。

オパールカップ 予想 【対抗○ プリヴィレッジ】

対抗はプリヴィレッジ。遅いと思われた昨年よりも時計のかかったサファイア賞だが、コンマ4秒差で4着のこの馬を対抗に指名する。サファイア賞はやはり2400mの距離の影響もあり、スタミナを温存する競馬にどうしてもなりやすい。しかし今回のオパールカップは芝の中距離1700mで、2走前に勝利したはまなす賞に近い舞台設定。外枠から好位を狙える位置取りも申し分なく、ここは逆転の目も考えておきたい。

オパールカップ 予想 【単穴▲ ナムラバンザイ】

3番手はナムラバンザイ。前走・東京ダービーこそ11着に敗れているが、その前の川崎若葉オープンでは優勝を果たしている。現在、左回りの船橋所属でこの川崎若葉オープンも左回り、中央での初勝利も左回りの中京と、左回りが得意のようで、しかも芝はデビュー直後から連戦してきた舞台でもあり、地方所属の馬の中ではかなり走り慣れた存在。逃げ戦法と合わせて今回台風の目になるやもしれない。

オパールカップ 予想 【連下△ スタークニナガ】

最後はスタークニナガ。今回3番枠とインに入ってしまったが、末脚は堅実でスピードも世代上位。北海道所属馬であるが、2歳時は知床賞で盛岡遠征を実らせており、中央でも2戦連続6着と気を吐いている。この遠征が両方芝を使っていることから期待も窺え、この盛岡参戦は狙ったローテと見て良さそうだ。追い込んで良い脚を使わせる瀧川騎手も好感。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

オパールカップ 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑦テルキーネス
  • 対抗○:①プリヴィレッジ
  • 単穴▲:④ナムラバンザイ
  • 連下△:⑤スタークニナガ

馬券は馬複で馬番①④⑤⑦のBOX、計6点で勝負!

[オパールカップ:2018/7/8(日)-盛岡競馬 第12R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA