【プロキオンステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】ダート短距離有力馬終結 | 本気競馬

【プロキオンステークス2018予想/オッズ/出走予定馬】ダート短距離有力馬終結

cyumou_03

秋の大舞台へ向けて賞金を加算したい実力馬が中京競馬場に終結

プロキオンステークスは本格的な夏競馬を前に、秋へ向けてこのレースを勝って秋に備えたいダート短距離の実力馬が集う注目の1戦。今年もインカンテーションをはじめとしたGⅠでも通用の馬がズラリと揃い、注目の1戦となることは間違いなし。果たして今年はスピード馬が勝つのか?それとも前潰れの展開からの差し馬が勝つのか?出走予定馬と予想オッズもしっかりとチェックしていきます。

プロキオンステークス 2018 [予想される出走予定馬]

プロキオンS 2018/ウインムート

3連勝で待望の重賞タイトル奪取なるか

ウインムートは、ダート1400mでオープン特別の栗東ステークス(OP)と天保山ステークス(OP)を連勝中。いよいよ本格化を思わせる強さを見せており、いざ重賞の舞台へと陣営も今回は力の入る1戦となりそう。逃げて押し切るレース振りから、ここ2戦は2番手に控えて結果が出ているのも成長の証でしょうし、ここも先行争いが激化しそうですが、流れに乗って前目のポジションをスムーズに取れればチャンスは十分に生まれてきそうなところ。昨年もこの時期の準オープン戦を制してから佐賀の交流重賞サマーチャンピオン(JpnⅢ)で3着と活躍を見せているように、夏場を得意としている馬であることを考えれば、今回も注目しておくべき存在であることは間違いないでしょう。

プロキオンS 2018/インカンテーション

初の1400mを克服ならば力上位の存在

インカンテーションは今年のフェブラリーステークス(GⅠ)でも3着、前走のかしわ記念(JpnⅠ)でも3着と、ダートのトップホースとの争いでも結果を残している実績馬。左回りコースも得意で中京コースにも実績があるならば、ここは最有力候補となることは間違いなしといった感じなのですが、唯一の心配点は1400mという距離。キャリアでダート1400mは未だに経験したことがなく、スタートから流れが速くなりそうな今回、しっかりと流れに乗っていつも通りの前目のポジションを難なくとることができるかが最大の課題となってきそうです。短距離での決め手勝負になると分が悪そうな面もあるだけに、まずはいかに流れに乗れるかに尽きそうです。

プロキオンS 2018/キングズガード

前潰れの展開ならばその末脚には注目

キングズガードは昨年のプロキオンステークスを鮮やかな末脚で制して連覇を狙う1戦。ただ、昨年の勝利以降は勝利から遠ざかっているのも確か。追い込み脚質の馬だけに展開も味方しないと結果が出せないだけに、ここは前が競り合って直線で末脚が活きる展開を希望ということになるでしょう。望み通りの流れになった際は末脚は堅実であり、間違いなく外から強烈な末脚で前の馬を交わし去ってくるのではないでしょうか。

プロキオンS 2018/サクセスエナジー

交流重賞2連勝中。3連勝で中央重賞制覇なるか

サクセスエナジーは、かきつばた記念(JpnⅢ)・さきたま杯(JpnⅡ)と地方交流重賞を連勝して勢いのある4歳馬。今回は中央場所、中京競馬場の1400mが舞台となりますが、コース実績もあるだけに大きな心配もなさそうなところ。3月の初オープン戦となったコーラルステークスでは揉まれ込んで6着とオープンの壁に当たった感はあっただけに、ここ2戦は地方競馬場で勝利しているものの、厳しい展開となる中央場所でここ2戦通りに力を発揮できるかが鍵となってきそうですが、ここも勝利するようならば秋の短距離路線の主役級に躍り出てくることは間違いのないところ。血統的にも1400mくらいまでがベストと言えるだけにここはかなり力の入る1戦となるのではないでしょうか。

プロキオンS 2018/予想オッズから見る他の人気馬

他にもダート短距離路線に転じてから3着→3着→1着と成績が安定してきたドリームキラリであったり、スピードだけならば最上位とも言えるマテラスカイは1400mへの対応ができるかどうかに注目してみたいところ。更には地方所属ながら果敢に挑戦してくるエイシンヴァラーや、休み明けを一叩きしての上積みに期待したい素質馬ドライヴナイトなど多くの馬にチャンスのありそうな1戦となるのではないでしょうか。

keibajo_02

それでは今週もしっかりと予習をして、週末の競馬に備えましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA