栗駒賞 2018 予想 / ラブバレット連覇達成濃厚 | 本気競馬

栗駒賞 2018 予想 / ラブバレット連覇達成濃厚

yosou_chihou

2018/7/1(日)開催 水沢12R 栗駒賞
一般オープン ダート 1400m(右) 別定戦

栗駒賞 2018 [予想印]

競馬予想をする上で展開面の予想は欠かせないが、脚質より更に重要なのが中心となる馬の存在で、今回その中心となる馬はラブバレット。短距離戦では中央馬にも全く引けを取らない馬で、現時点での短距離地方最強馬と言っても過言ではない。スピードの違いで押し切りを図るこの馬を巡った争い、2番手以下の動き出しや作戦にも注目。

栗駒賞 予想 【本命◎ ラブバレット】

本命はラブバレット。昨年も9馬身差で圧勝を演じているが、まさに性能に差がある感じで後続を寄せ付けなかった。今回は外枠にコウギョウダニエルという逃げ馬が控えているが、それが脅威となるほどの実績を挙げていないのもまた事実。となれば、この馬のスピードを生かしたワンサイドゲームが想定され、強敵は差し馬にあるので展開の利もこちらにある。連覇達成濃厚。

栗駒賞 予想 【対抗○ ナムラバイオレット】

対抗はナムラバイオレット。牙城と言える今回の本命馬を打ち砕くことがあるとすれば、短距離で走れるスピードを持ったこの馬が一番手だろう。前走の早池峰スーパースプリントで最後方からごぼう抜きで優勝、半馬身差の着差以上にそのパフォーマンスが圧倒的だった。今回は回りも違えば距離も延長となるコースだが、実は水沢では馬券圏外は一度もない堅実派。2番手は譲れない。

栗駒賞 予想 【単穴▲ フォルス】

3番手はフォルス。この馬も前走の早池峰スーパースプリントで3着と気を吐いたが、全馬ごぼう抜きのナムラバイオレットとは対照的に逃げる競馬をした。2着馬とはタイム差なしでこちらの方がタフな競馬だったが、ここも鞍上が村上忍騎手なら期待が持てる。前が速くならない可能性も十分に秘めているので、ラブバレットを追いかけたままの流れ込みも想定できる。ここは押さえておきたい。

栗駒賞 予想 【連下△ タイセイファントム】

最後はタイセイファントム。現在10歳になる馬だが、頭角を現すまでに時間を要したタイプでもあり、まだまだ現役で十分に通用する実力はある。前走の早池峰スーパースプリントでは1番人気を裏切っているが、中団から好位で折り合い、一脚使える脚質は魅力。鞍上の山本政騎手とは4戦して全馬券圏内で、乗り替わりが吉と出そうな予感もある一頭。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

栗駒賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑧ラブバレット
  • 対抗○:⑥ナムラバイオレット
  • 単穴▲:④フォルス
  • 連下△:②タイセイファントム

馬券は2種類。馬単で馬番⑧を軸に相手②④⑥に流す馬券、3連単で軸を⑥⑧の2頭に相手②④へ流す馬券、計5点で勝負!

[栗駒賞:2018/7/1(日)-水沢競馬 第12R-18時10分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA