七夕賞 2018 出走予定馬|マイネルサージュなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

七夕賞 2018 出走予定馬|マイネルサージュなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/7/8(日)開催「七夕賞(GⅢ)」に向けて、マイネルサージュ・サーブルオールなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

七夕賞 2018 [1週前出走予定馬]

  • キンショーユキヒメ/牝5/中村厩舎・栗東
  • サーブルオール/牡5/萩原厩舎・美浦
  • シルクドリーマー/牡9/黒岩厩舎・美浦
  • ナスノセイカン/牡6/矢野英厩舎・美浦
  • マイネルサージュ/牡6/鹿戸雄厩舎・美浦
  • マイネルフロスト/牡7/高木登厩舎・美浦
  • マイネルミラノ/牡8/相沢厩舎・美浦
  • プラチナムバレット/牡4/河内厩舎・栗東
  • レイホーロマンス/牝5/橋田厩舎・栗東
  • ワンブレスアウェイ/牝5/古賀慎厩舎・美浦

■2018/6/26現在

七夕賞 2018 [注目馬考察]

七夕賞 出走予定馬 /マイネルサージュ

前走の福島民報杯(OP)では、1000m通過58秒1と展開もドンピシャだったとはいえ、上がり36秒0(メンバー最速)で差し切った内容は、いつになく強い勝ちっぷり。前走後は間隔があいたものの、久々【2.0.2.2】で、掲示板を外したのが、日経賞(GⅡ)の8着だけなら問題なし。再度同舞台なら。

七夕賞 出走予定馬 /サーブルオール

持ち時計がある方ではなく、前走のエプソムカップ(GⅢ)は重馬場の恩恵もあったが、久々+重賞初挑戦で0秒3差4着は高い能力の証明。まだ5歳でキャリア12戦と伸びしろも十分。中山内回りで2勝なら福島コースも問題なく、ここは秋へ向けての足掛かりに。

七夕賞 出走予定馬 /ワンブレスアウェイ

発馬が決まった前走のマーメイドステークス(GⅢ)では、最後の直線でも間を割って伸びる味な競馬。勝ち馬との斤量2kg差がそのまま着差に繋がった印象だが、3着馬には2馬身差。距離にメドを立てた点も心強く、福島コースは昨夏に阿武隈ステークス(1600万下)を圧勝した舞台。今回もスタートがカギにはなるが、まともなら。

七夕賞 2018 [今後の動向]

サマー2000シリーズの第一戦。正直、GⅠ云々のメンバーではないだけに、このシリーズでの狙い馬を探す一戦となりそう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA