宝塚記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表! | 本気競馬

宝塚記念2018追い切り診断/追い切り評価ベスト4を発表!

oikiri2_1

上半期最後のGⅠを制するのは絶好調のこの馬!

いよいよ宝塚記念の発走が近づいてきました。当日の天候も気になるところですが、まずは各馬、GⅠ制覇へ向けてそれぞれに万全の態勢を整えてきています。ただ、その中でも特に注目すべき動きを見せている絶好調馬はしっかりとマークしておくべきで、1番人気になりそうなサトノダイヤモンドをはじめとした人気どころだけでなく、人気薄の馬にもしっかりとチェックをして、絶好調馬をピックアップしていきます。

宝塚記念 2018 [追い切り診断]

宝塚記念 追い切り /サトノダイヤモンド

サトノダイヤモンド
栗東CW【68.1-52.2-38.3-11.6】強め 併せ先着
調教評価 A 攻めパターン変更で変わり身ある

昨年の阪神大賞典以来、勝利から遠ざかってしまっているサトノダイヤモンドではありますが、この中間は攻めパターンを変更して普段は軽めの調整に入っている坂路で速い時計を計時。2週前追い切りも坂路で行って【52.5-38.5-24.8-12.2】の自己ベストタイムをマーク。これくらいの時計を出して当然かもしれませんが、何より調整パターンを変えたことによって馬に刺激となるか。追い切りの動き自体、1週前・直前とラスト11秒台の鋭い脚を見せていい頃の状態に戻ってきていることを感じさせる動きを見せているだけに、強いサトノダイヤモンドが戻ってくることを期待してみたいところではあります。

宝塚記念 追い切り /パフォーマプロミス

パフォーマプロミス
栗東CW【86.3-69.3-53.3-39.0-12.3】馬なり
調教評価 A 大一番へきっちりと仕上がる

日経新春杯以来のレースとなった目黒記念は3着でしたが、その前走時と比較しても上積みを感じさせる動きを見せているパフォーマプロミス。直前の追い切りは軽めの調整で終いだけ反応を確かめる程度ではありましたが、その反応は実に鋭くラストは12.3を軽々とマーク。1週前の追い切りで【79.4-65.2-50.9-37.4-11.7】と併せ馬で遅れはしたものの動き自体は絶好な追い切りを消化しており、まさに予定通りの調整で予定通りに状態は上昇したというような感があるだけに、これは注目すべき存在となることでしょう。

宝塚記念 追い切り /キセキ

キセキ
栗東CW【65.0-51.2-38.6-12.3】一杯
調教評価 A 折り合いに心境、一変可能

この中間、これまでの坂路メインの調整からコース中心に切り替えて調整を進められてきたキセキ。前走の日経賞で引っ掛かり溜めが利かなかったことを踏まえて、折り合い重視の調整を施してきたということが伺えますが、その甲斐あったのか、この中間で気の悪いところを見せることなく乗り込まれてきており、コースでの動きも軽快そのもの。今回は大外枠を引いてしまっただけにいかに前に壁を作って脚を溜めることができるかが課題となってきそうですが、そのあたりはデムーロ騎手の手腕に期待といったところ。状態的にはここ2週のコースでの動きは秀逸であり良好な状態であると判断できそうです。

宝塚記念 追い切り /ミッキーロケット

ミッキーロケット
栗東坂路【50.7-36.7-24.2-12.3】強め
調教評価 A 坂路の動き絶好

僚馬ダンビュライトと3週続けて併せ馬を行いましたがいずれも先着。追う毎に時計も詰めて最終追い切りでは50.7と自己ベストタイムを更新。前走の天皇賞春で4着と復調気配を見せていますがその時以上の仕上がりにあると言えるのではないでしょうか。GⅠを狙える器と言われながらもなかなか結果が出ていない素質馬が、宝塚記念へ向けて万全の態勢を整えてきたと言えるだけにこれならば抑えは必要と言えそうです。

宝塚記念 追い切り/追い切りから見る他の注目馬

GⅠレースとなればどの馬もしっかりと仕上げてきているだけに低評価という馬はなかなかいませんが、後上位ランクにおいておきたい馬となると、ミッキーロケットには見劣ったもののこの馬自身も活発な動きを見せていたダンビュライト、中間コースで自己ベストタイムを更新し、好調をアピールしている古豪アルバート。同様に自己ベスト更新をしてきたサトノクラウンヴィブロス。この5頭にはB評価をつけておきたいと思います。

宝塚記念 2018 [馬券のポイント]

今年の宝塚記念はサトノダイヤモンドが1番人気に支持されそうですが、この宝塚記念で本当に復活できるのかは半信半疑な部分もありこれに続く、ヴィブロス・キセキ・サトノクラウンあたりもチャンスはありそうで、ここは上位の能力拮抗の大混戦模様。かなりの馬にチャンスがありそうな大混戦ムードと言ってよいでしょう。

どのレースにも言えることですが、確信を持って狙える穴馬や激走馬がいなければ、迷いが生じる分買い目が膨らみ、たとえ的中したとしてもトリガミになる可能性は高くなる一方。どの馬を激走馬として狙うべきなのか?細かな部分をチェックした上で、「今回はくる」という確信を持って狙うべき馬を定める必要がありそうですね。

そういった細かい分析をできないといった方は、今回どうやって馬券を組み立てますか?一人で悶々と悩んでしまうなら、参考になる情報は確実に見ておいた方が良さそうですね。

keibajo_02

それでは今週はこの宝塚記念で美味しい的中馬券をきっちりと手にしてしまいましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA