ラジオNIKKEI賞 2018 出走予定馬|フィエールマンなど1週前注目馬予想考察 | 本気競馬

ラジオNIKKEI賞 2018 出走予定馬|フィエールマンなど1週前注目馬予想考察

syussouyoteiba

2018/7/1(日)開催「ラジオNIKKEI賞(GⅢ)」に向けて、フィエールマン・キューグレーダーなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

ラジオNIKKEI賞 2018 [1週前出走予定馬]

  • キボウノダイチ/牡3/松元茂厩舎・栗東
  • キューグレーダー/牡3/栗田徹厩舎・美浦
  • グレンガリー/牡3/萩原厩舎・美浦
  • フィエールマン/牡3/手塚厩舎・美浦
  • フランツ/牡3/音無厩舎・栗東
  • マイハートビート/牡3/高橋忠厩舎・栗東
  • メイショウテッコン/牡3/高橋忠厩舎・栗東
  • ロードアクシス/牡3/奥村豊厩舎・栗東
  • ロードライト/牡3/手塚厩舎・美浦

■2018/6/19現在

ラジオNIKKEI賞 2018 [注目馬考察]

ラジオNIKKEI賞 出走予定馬 /フィエールマン

休みを挟んで2連勝。ともにスタート一息でも、前走は四角勝負どころでもまだ持ったまま。直線に入って軽く促されると、スパっと弾けて後続に2馬身差の完勝だった。如何にも遅れてきた大物といった感もあるディープ産駒。中山1800m克服なら、福島1800mも問題とはならない。3連勝へ。

ラジオNIKKEI賞 出走予定馬 /キューグレーダー

御膝元らしく、16年(ゼーヴィント)、17年(セダブリランテス)と、目下2連覇中のシルク軍団。今年はこの馬に期待がかけられる。前走は出遅れを完璧にリカバリーした鞍上の手腕による部分も大きいが、直線では鋭い反応。如何にも小回り向きの瞬発力があり、距離克服ならチャンスはある。

ラジオNIKKEI賞 出走予定馬 /フランツ

前走はイレ込みがキツく競馬にならなかったが、距離も長かった印象。2走前のアルメリア賞はペースが速かったといえ、1分45秒4の好時計完勝。同舞台で行われた毎日杯(勝ち馬はブラストワンピース)が1分46秒5だったことを思えば、その価値は絶大。ベスト距離、集中力が途切れない小回りコースなら。

ラジオNIKKEI賞 2018 [今後の動向]

過去の勝ち馬を見ても、「大物」と呼べるランクは少ない。素質・実績も重要だが、それ以上に求められるのがコース適性。ここ狙いの馬を狙いたい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA