【天皇賞春2018予想/オッズ/出走予定馬】春の長距離王決定戦 | 本気競馬

【天皇賞春2018予想/オッズ/出走予定馬】春の長距離王決定戦

cyumou_02

春の盾をめぐり、スタミナ自慢のトップホースが京都競馬場に集結

大阪杯がGⅠに昇格し、いまやドバイ・香港と多くの選択肢が増えたことにより、出走予定馬にやや寂しさがある天皇賞春ですが、天皇賞といえばホースマンが狙う名誉あるレースだけあってスタミナ自慢の各馬が今年も虎視眈々とエントリーしてきています。予想オッズにも注目が集まっていますが、今年の春の盾を制するのは明け4歳の勢いのある馬なのか?それとも実績を積んできた古豪なのか?果たして…

天皇賞春 2018 [予想される出走予定馬]

天皇賞春 2018/シュヴァルグラン

前走からの巻き返しで盾獲り狙う

シュヴァルグランは昨年秋はジャパンカップを制して有馬記念でも3着と好走し、今年初戦となった大阪杯でも当然好走の期待が高まりましたが結果は12着と大敗。ただ鞍上が三浦騎手であった点、全く意気の合わない騎乗でこの馬のよさを全く引き出していなかった感もあり、その点はジャパンカップを制したボウマン騎手を再び陣営は呼び寄せての勝負なのですから巻き返して昨年2着の天皇賞春制覇へ虎視眈々といったところ。天皇賞春は1昨年3着、昨年2着と常に好走してきているだけに3度目の正直で勝利なるかにも注目が集まります。大阪杯の2000mよりも距離的に競馬がしやすいのも確かで巻き返しに大きな期待を寄せていいところでしょう。

天皇賞春 2018/クリンチャー

新たなステイヤー誕生なるか?

クリンチャーは昨年の菊花賞2着で長距離適性を示すと、年明け初戦の京都記念では昨年のダービー馬レイデオロと皐月賞馬アルアインをまとめて負かして現4歳世代でもトップクラスの力をつけてきていることを証明してきました。ただ前走の阪神大賞典ではレインボーラインの末脚に屈して3着という結果にはなりましたが、1番人気を背負って勝ちにいく競馬をしてのものでそこまで悲観することもなさそう。今回もそれなりに人気を背負うことになるでしょうが、そこまでマークが厳しくなければ出し抜けでの勝利という場面も十分にありそう。鞍上は平成の盾男の異名もある武豊騎手でもあり、後続の末脚を封じての勝利は十分に期待できるところではないでしょうか。

天皇賞春 2018/レインボーライン

悲願のGⅠ制覇へ向けて力の入る1戦

レインボーラインはこれまでも菊花賞2着や天皇賞秋3着とGⅠで善戦を続けていますが未だにタイトルは無く、今年こそタイトルを狙いたい年。前走の阪神大賞典では持ち前の渋太い末脚を駆使して2年ぶりに勝利を手にし再度勢いに乗ってきているところだけにこの天皇賞春は最大のGⅠ制覇のチャンスとなってくるかもしれません。ただ、良馬場での上がりの速い末脚勝負になると分が悪い部分もあるだけに、多少なりとも時計がかかるか、それともスタミナ勝負に持ち込める流れを希望といったところではあります。

天皇賞春 2018/予想オッズから見る他の人気馬

このほかにも長距離には絶対的な自信をもつ古豪アルバート、スタミナには自信があるだけにルメール騎手がうまくスタミナ勝負の流れに持ち込めると上位食い込みの可能性は十分。更には日経賞を制しているガンコも芝の長距離に転向してから底知れぬ力を示しているだけに今回相手は更に強化されるだけにどこまでやれるかが課題となりますが期待したい1頭となります。更にはサトノクロニクルチェスナットコートといった明け4歳の勢いのある馬も加わって行われる今年の天皇賞春は主役不在の混戦ムードと言ってよいでしょう。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA