【皐月賞2018予想/オッズ/出走予定馬】クラシック3冠開幕戦! | 本気競馬

【皐月賞2018予想/オッズ/出走予定馬】クラシック3冠開幕戦!

cyumou_02

ダノンプレミアム回避で各馬にチャンス到来!

先週、皐月賞を前に衝撃的なニュースが発せられた「ダノンプレミアム皐月賞回避」4戦4勝、絶対的な1番人気が予想された馬の回避により今年の皐月賞は一気に混戦ムードへ。出走予定馬の中でもGⅠ制覇に近いとされる人気各馬を予想オッズも含めて、まずはしっかりとチェックすることにより、皐月賞的中への足がかりとしていきましょう。

皐月賞 2018 [予想される出走予定馬]

皐月賞 2018/ステルヴィオ

これまで負けたのはダノンプレミアムのみ

ステルヴィオは5戦3勝2着2回という戦績ではありますが、敗れた2戦を制したのはともにダノンプレミアム。目の上のたんこぶとも言える存在が皐月賞回避となれば、一気にチャンス到来とも言えるのがステルヴィオ。前哨戦のスプリングステークスを制して臨む1戦の課題となるのは初の2000mという距離。血統的にロードカナロア産駒ということもあり、その点が不安視されてはいますが、桜花賞を制したアーモンドアイと同じロードカナロア産駒ということもあり、余計にこの点がピックアップされてくることでしょう。ただロードカナロアとてキングカメハメハ産駒、母系にもスタミナは備わっており、案外こなしてしまいそうなところがあるのも事実。ここは素直にこの馬を狙ってみる手は十分にありでしょう。

皐月賞 2018/ワグネリアン

クラシック級の実力を示す

ワグネリアンはデビュー時から既にクラシック級の器と評されてきた素質馬ですが、その評判通りに2歳時は3戦3勝と無敗でシーズンを終え、迎えた今年初戦の弥生賞では自分の競馬をして勝ったと思ったところにダノンプレミアムの強襲を受けての2着という結果に。皐月賞へ向けて打倒ダノンプレミアムとばかりに調整が進められてきましたが、ライバルの回避により一気に有力候補として1番人気に推される可能性も十分といった状況となりました。これはチャンス到来と見るのが妥当であり、レース振りはこれまでの4戦ともに安定している馬だけに、この皐月賞でも堅実に上位を賑わす存在となることは間違いないと言えるかもしれません。

皐月賞 2018/タイムフライヤー

GⅠ馬の意地にかけて巻き返しを期す

タイムフライヤーは昨年暮れのホープフルステークスを制しているGⅠ馬。皐月賞と同じ中山2000mを制しているという点は大きなアピールポイントとなりますが、前哨戦として出走した若葉ステークスでは圧倒的な1番人気に支持されながらも5着に敗退。相手関係も相手関係であっただけに評価を下げるところとなりそうな負け方でしたが、スタートで接触がありリズム良く進めなかったのも確か。メンバー中最速の上がりで追い込んできたあたりは力のあるところある程度示した形とはなりましたが、果たしてこの皐月賞で汚名返上の末脚爆発で皐月賞を制することができるかには注目してみたいところはあります。

皐月賞 2018/ジャンダルム

惜敗続きに終止符を打つことができるか

ジャンダルムは中山2000mのホープフルS・弥生賞と駒を進めて2着・3着という成績。ここ2戦だけ見れば詰めの甘さが気になるところではありますが、大きく崩れずに走ってきている点は評価すべき点であると言えるかもしれません。ただ、この詰めの甘さの理由が距離にあるのだとすれば今回はより展開が厳しくなることが想定される皐月賞で失速しないかは不安といえば不安。そのあたりを踏まえて鞍上武豊騎手がどう乗るのか、鞍上の手腕に期待といった部分もあるかもしれません。

皐月賞 2018/予想オッズから見る他の人気馬

この他にも、京成杯を制してから皐月賞直行のジェネラーレウーノと共同通信杯からの参戦のオウケンムーンの2頭はまだ、他の人気馬との直接対決はないだけに一発の可能性を秘める存在として注目したいところはありますし、2戦2勝でビートたけしさんが命名したことでも注目を集めるキタノコマンドールとて、なにやら不気味な雰囲気があるだけに軽視は禁物といったところではないでしょうか。

tohyoken_01

それでは、今週末も馬券的中ラッシュといきましょう!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA