赤松杯 2018 予想 / 逃げてレースを作れるベンテンコゾウを本命に! | 本気競馬

赤松杯 2018 予想 / 逃げてレースを作れるベンテンコゾウを本命に!

yosou_chihou

2018/4/8(日)開催 水沢11R 赤松杯
一般オープン ダート 1600m(右) 別定戦

赤松杯 2018 [予想印]

このカテゴリーを得意とする7頭が顔を揃えた今年の赤松杯。昨年の優勝馬イーグルカザンは1枠1番に入ったが、まくりを身上とするこの馬にとっては決して好枠とは言い難い。連覇に向かって関門が控えているが、天候もこれまでの雨と当日の雪予報から、あまり良い馬場状態での開催は望めそうもない。頭数は少ないが先手を切れるタイプが吉で、この点枠順とあわせて判断が必要。

赤松杯 予想 【本命◎ ベンテンコゾウ】

本命はベンテンコゾウ。明け4歳と若き岩手のエース馬だが、昨年は北海道で3冠にも王手をかけた。絶対的なスピード値が地元では抜きん出ていただけに、北海道の3冠路線も制圧に現実味を帯びていた。逃げてレースを作れる馬で今回は4番枠で、隣にテンに速い馬もなく自身のペースで競馬ができそう。鞍上の村上騎手とは【8.2.1.1】の安定感で、古馬相手の重賞といえど全く引けは取らないだろう。

赤松杯 予想 【対抗○ タイセイファントム】

対抗はタイセイファントム。鋭い末脚を武器に最後に逆転を狙うタイプだが、今回は馬場の悪化で先行するベンテンコゾウがペースを刻む、お誂え向きの展開が予想される。枠が外寄りのところを取れるかが焦点だった今回だが、6枠6番と良いところで差し込みやすい枠順だ。水沢では前走のトウケイニセイ記念を優勝の実績もあり、10歳と年齢は重ねたがまだまだ馬は若くて元気。小僧の前に怪人が立ちはだかる。

赤松杯 予想 【単穴▲ ロジストーム】

3番手はロジストーム。南関東からの転入初戦となるが、これまでの成績からも警戒が必要。川崎のB1クラスで2着してからの参戦となるが、タイム的にもここで即通用してもおかしくない。あとは展開的にも2番手を進みそうで、バラけた展開の2番手なら競馬はしやすいと思われる。勝負どころでまくりをかけたら一流の吉原騎手が、初コンビのこの馬をどのように捌くのか注目。

赤松杯 予想 【連下△ チェリーピッカー】

最後はチェリーピッカー。これまで【8.2.0.1】の水沢競馬場巧者だが、唯一の着外こそが前走の白嶺賞だった。この時はリズムが合わずにらしくない競馬を見せたが、馬場の良・重を問わないタイプで大崩れは考えにくい。まだ5歳で年齢的にも十分巻き返しが可能で、少し前目で運んだ方が持ち味が生きるタイプ。少頭数で前が流れるこのメンバーなら走りやすいはずで、ここはこの馬の巻き返しにも警戒が必要。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

赤松杯 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:④ベンテンコゾウ
  • 対抗○:⑥タイセイファントム
  • 単穴▲:③ロジストーム
  • 連下△:②チェリーピッカー

馬券は馬複。馬番②③④⑥のBOX、計6点で勝負!

[赤松杯:2018/4/8(日)-水沢競馬 第11R-17時45分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA