名古屋大賞典 2018 予想 / 地元の雄カツゲキキトキトを本命に! | 本気競馬

名古屋大賞典 2018 予想 / 地元の雄カツゲキキトキトを本命に!

yosou_chihou

2018/3/29(木)開催 名古屋11R 名古屋大賞典(JpnⅢ)
4歳以上オープン 指定交流 ダート 1900m(右) 別定戦

名古屋大賞典 2018 [予想印]

この舞台を待ち望んでいた地元の雄・カツゲキキトキトと、中央の強豪が激突する今年の名古屋大賞典。晴れて良馬場が濃厚なだけに、ペースが落ち着きそうな今回は尚更カツゲキキトキトにとって走りやすい舞台となりそう。だが、この馬に立ちはだかる名古屋グランプリ優勝馬・メイショウスミトモや、若きダートの実力馬サンライズソアも虎視眈々。小回りのダート1900m良馬場という条件で、スローペースで最も結果が残せそうな馬を選びたい。

名古屋大賞典 予想 【本命◎ カツゲキキトキト】

本命はカツゲキキトキト。今回本命に指名した理由はいくつかあるが、前述の条件をクリアした上で重視した点がひとつある。それはこの馬のローテーションだが、これまでは当該コースを走る際の多くが距離短縮のローテだったが、今回は逆に距離延長のローテを組んで臨んでいる。この方法で3走前の東海菊花賞を圧勝しており、これが起爆剤になって優勝に手が届く可能性がある。近頃は黒船賞で地方馬優勝の流れもあるため、地元のファンの目の前での活躍に期待した。

名古屋大賞典 予想 【対抗○ サンライズソア】

対抗はサンライズソア。いつもパドックでイレ込みが目立つ一頭だが、チャカチャカしながら結局レースに出ると堅実に走ってくる。一連の動作はこの馬にとっては深化の作業で、こういう兆候が見られたら、それは買いのサイン。競馬ファンならご存じの名牝・ジェンティルドンナも同じでイレ込むぐらいでなければ走らない馬だったことからも、イレ込むぐらいが丁度いい馬は稀に存在する。サンライズソアもジェンティルドンナと同じタイプと認識していいだろう。鞍上もM.デムーロ騎手が乗ることとなり頼もしい限りだが、平坦の小回り中距離は未知の領域でもある。本命カツゲキキトキトとは対照的な存在だが、それだけにあっさり優勝のシーンも想定しておく。

名古屋大賞典 予想 【単穴▲ ミツバ】

3番手はミツバ。成績にムラがあるが実力は十分優勝レベルで、地方ではマーキュリーカップ優勝の実績がある。近走は頭数の少ないレースでばかり好走しており、この点が気難し屋のこの馬には良いようだ。仕上がり自体はいつも合格点に達しているだけに、今回が上手くハマれば地方を主戦場にする可能性も高い。そういう意味でも大事な一戦で、乗り慣れた松山騎手の騎乗も吉と出そう。

名古屋大賞典 予想 【連下△ メイショウスミトモ】

最後はメイショウスミトモ。シリウスステークスこそ11番人気だったが、この辺りから明らかに仕上がりが良くなった印象。特に名古屋グランプリでは不慣れな距離でも優勝を果たし、続く2戦は落としたものの、仕上がりはかなり良かった。つまりは7歳の今、旬を迎えたと言ってよく、脚質的には最内枠が有利に働くとは思えないが、それだけで無印には絶対にできない馬。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

名古屋大賞典 2018 [馬券考察]

  • 本命◎:⑦カツゲキキトキト
  • 対抗○:⑤サンライズソア
  • 単穴▲:⑥ミツバ
  • 連下△:①メイショウスミトモ

馬券は馬複。馬番①⑤⑥⑦のBOX、計6点で勝負!

[名古屋大賞典:2018/3/29(木)-名古屋競馬 第11R-16時25分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA