阪神大賞典 2018 予想 サイン馬券|岡田繁幸氏からサイン! | 本気競馬

阪神大賞典 2018 予想 サイン馬券|岡田繁幸氏からサイン!

sign_baken

阪神大賞典 2018 – サイン馬券

阪神競馬場の日曜メインレースは古馬最強ステイヤーを決める天皇賞春へと向けた前哨戦・阪神大賞典。今年は先日の京都記念でレイデオロなどGI馬を蹴散らし一躍主役候補に躍り出たクリンチャー、現役屈指のマラソンランナーとして名を馳せているアルバートに人気を集めています。そして、この阪神大賞典開催当日に予定されてる特別イベント「阪神大賞典スペシャルトーク」。こちらに本来はマイネル軍団総帥・ビッグレッドファームグループ代表である岡田繁幸氏がゲストとして出演予定でしたが、残念ながら体調不良のため出演取り止めとなりました。しかし、これを格好のサインと見て、この岡田繁幸氏からサインを探っていきたいと思います。

サイン「マイネル軍団総帥・岡田繁幸氏」

岡田 繁幸(おかだ しげゆき)
生年月日:1950年(昭和25年)3月19日(68歳)
出身地:北海道静内町(現・新ひだか町)
クラブ法人株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアン前代表取締役社長、有限会社コスモヴューファーム社長。

・実家は牧場を経営。日本大学獣医学部中退後にアメリカへと渡り、現地で馬産の修行を積む。クレイボーンファームでの修行中に仔馬であったラフィアンの才能をいち早く見抜いたというエピソードから、その名を会社名に使用されています。サラブレッドクラブ・ラフィアンでは「マイネル」や「マイネ」の冠名がつけられているところから、「マイネル軍団の総帥」としての広く知られています。また、馬を見る相馬眼は高く評価されており、競馬番組やスポーツ誌にも度々登場するなど、競馬ファンにもおなじみの人物です。

↓↓ここからサインを読み解いていきます!↓↓

阪神大賞典 2018 サイン馬券 [結論]

サインを読み解いていくと…

  • ①マイネル軍団総帥→マイネルの勝負服→「赤」と「緑」→「3枠」「6枠」
  • ②新ひだか町出身→産地「新ひだか町」の馬→「スーパーマックス」「コウエイワンマン」「ヤマカツライデン」

まとめると「3枠」「6枠」「スーパーマックス」「コウエイワンマン」「ヤマカツライデン」が馬券に絡むというサインで今回は狙ってみたいと思います!

果たして結果はいかに!?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA