弥生賞 2018 出走予定馬 予想 |ダノンプレミアムなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

弥生賞 2018 出走予定馬 予想 |ダノンプレミアムなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/3/4開催「弥生賞(GⅡ)」に向けて、ダノンプレミアム・ワグネリアンなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

弥生賞 2018 [1週前出走予定馬]

  • ダノンプレミアム/牡3/中内田厩舎・栗東
  • ワグネリアン/牡3/友道厩舎・栗東
  • オブセッション/牡3/藤沢和厩舎・美浦
  • ジャンダルム/牡3/池江寿厩舎・栗東
  • サンリヴァル/牡3/藤岡健厩舎・栗東
  • リピーリング/牡3/萩原厩舎・美浦

■2018/2/20現在

弥生賞 2018 [注目馬考察]

弥生賞 出走予定馬 /ダノンプレミアム

スローペースでもハイペースでも、ピタリと折り合えるのがこの馬の長所。前走のGⅠ・朝日杯フューチュリティステークスでも、4角はどこを割って入ろうかという楽勝の手応え。抜け出してから流す余裕もあったほどで、世代トップの力を存分に示した。476kg→482kg→490kgと一戦ごとに体を増やしていることも、何よりの成長の証。休み明けでの初距離は死角にもなりうるが、この馬に関しては問題なさそう。クラシック1強を当確させたい。

弥生賞 出走予定馬 /ワグネリアン

前走の東京スポーツ杯2歳ステークスは直線で追い出しを待つ余裕。打って響く瞬発力とも言うべきか、叩き出されるとあっという間に抜け出して2着馬ルーカスに3馬身差。3戦3勝で2歳シーズンを終えた。祖母がブロードアピールで、いわゆる「金子ブランド」だが、鋭い末脚は父母両系から受け継いだもの。とにかく2歳王者ダノンプレミアムとの対決が楽しみだが、今回の一戦で力関係をガラリと塗り替える可能性もある。

弥生賞 出走予定馬 /ジャンダルム

母がスプリント女王ビリーヴで、兄姉も総じて短距離志向。しかしこちらは父がダッシングブレイズ(エプソムカップ勝ち)を輩出したキトゥンズジョイで、中距離にも十分対応できるタイプに出た。前走のホープフルステークスは完敗の2着だが、同舞台での経験は他馬にはない強み。現時点では「トライアル向き」との見方もできるだけに、馬券的には面白いところか。

弥生賞 2018 [今後の動向]

錚々たる顔ぶれで、本番さながらの好メンバーとなりそう。各陣営とも次を見据えた一戦とはいえ、ある程度の力関係は示しておきたいところ。ライブ観戦をおススメしたい一戦だ。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA