阪急杯 2018 出走予定馬 予想 |レッドファルクスなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

阪急杯 2018 出走予定馬 予想 |レッドファルクスなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/2/25開催「阪急杯(GⅢ)」に向けて、レッドファルクス・カラクレナイなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

阪急杯2018 [1週前出走予定馬]

  • レッドファルクス/牡7/尾関厩舎・美浦
  • モズアスコット/牡4/矢作厩舎・栗東
  • レッツゴードンキ/牝6/梅田智厩舎・栗東
  • ソルヴェイグ/牝5/鮫島厩舎・栗東
  • カラクレナイ/牝4/松下厩舎・栗東
  • ヒルノデイバロー/牡7/昆厩舎・栗東
  • ミッキーラブソング/牡7/橋口慎厩舎・栗東
  • ニシノラッシュ/牡6/宮本厩舎・栗東
  • モーニン/牡6/石坂厩舎・栗東
  • アポロノシンザン/牡6/鈴木伸厩舎・美浦
  • サンライズメジャー/牡9/浜田厩舎・栗東
  • ムーンクレスト/牡6/本田厩舎・栗東

■2018/2/16現在

阪急杯 2018 [注目馬考察]

阪急杯 出走予定馬 /レッドファルクス

スプリンターズステークス連覇で、春秋スプリントGⅠを完全制覇。17年の最優秀短距離馬へ選出され、文句なしの現役最強スプリンターと言っていいだろう。安田記念3着は前が壁になった分、脚が溜まっただけ。正攻法の競馬で伸びを欠いた前走のマイルCSを見ると、やはり1600mは長い印象。1400mベストとは言い難いが、ここは格好をつけなくてはいけない一戦となる。

阪急杯 出走予定馬 /カラクレナイ

初めての1200mも無難にこなせた前走だが、ラスト伸び負けは距離適性の差と見るべきか。今回はフィリーズレビューを制した阪神芝1400m。他馬が止まる坂コースの方がより持ち味が生きるタイプだけに、ここで復活の狼煙。

阪急杯 出走予定馬 /モズアスコット

4連勝の余勢を駆って挑んだ前走の阪神カップは、1番人気の期待を裏切る形になったとはいえ、初重賞挑戦で0秒4差4着なら上々。外々を回りつつ、若干早仕掛けにも映ったところを見ると、その内容は非常に濃い。今度は舞台2度目、当面の相手レッドファルクスに衰え、距離適性で上回れるようなら、世代交代も見えてくる。

阪急杯 2018 [今後の動向]

13年ロードカナロア、14年コパノリチャードはこのレース快勝で勢いをつけて、GⅠ・高松宮記念制覇。本番に直結する傾向だけに、今年の勝ち馬にも注目したい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA