ユングフラウ賞 2018 予想 / 持ち時計一歩リードのグラヴィオーラがここも主役 | 本気競馬

ユングフラウ賞 2018 予想 / 持ち時計一歩リードのグラヴィオーラがここも主役

yosou_chihou

2018/2/13(水)開催 浦和11R ユングフラウ賞
3歳オープン 牝馬限定 ダート 1400m(左) 別定戦

ユングフラウ賞 2018 [予想印]

東京2歳優駿牝馬の上位馬3頭が参戦し、桜花賞の前哨戦として期待の高まるユングフラウ賞。当日は晴れて良馬場となる見込みで、相手関係からもこの3頭から勝ち馬が出る可能性が高そう。浦和の1400mは、本番の桜花賞と比べてもレースがしやすいコースで、ペースが上がれば差し馬の台頭も十分に考えられる。ただ、基本的にはダート戦で小回りコースであるために、流れに乗って内から運べる好位勢がやはり有利。

ユングフラウ賞 予想 【本命◎ グラヴィオーラ】

本命はグラヴィオーラ。やはり前走の東京2歳優駿牝馬の優勝はインパクトがあったが、この時点では9番人気の伏兵だった。それもそのはずローレル賞では7着と見せ場なく敗れているし、それまでの成績からも距離延長には疑問があった。ただ、基本能力の高さか対応力の高さを見せ、好位から押し切った前走の再現が今回も期待される。持ち時計でも一歩リードで、ここも主役を張れそう。

ユングフラウ賞 予想 【対抗○ ストロングハート】

対抗はストロングハート。この馬もグラヴィオーラと同じく門別からの移籍組だが、グランド牧場のサウスヴィグラス産駒で、ここも得意にできそう。鞍上には南関の名手・森泰斗騎手が騎乗しており、前走の東京2歳優駿牝馬で開いたコンマ3秒差も十分逆転の範囲内。枠がライバルの方が内目でやや有利ではあるが、先手を主張する馬に乏しいメンバー構成。自分から動き出せる強みを最大に生かして、ここで桜花賞への準備をきっちり整えたいところ。

ユングフラウ賞 予想 【単穴▲ ゴールドパテック】

そして単穴にゴールドパテック。上記2頭と比べ左回りが得意だが、やはり川崎所属馬だけにその点では分が有りそう。鞍上は川崎を代表する騎手へと成長した山崎騎手だが、コンビ成績も【3.0.1.1】と安定感は抜群。前走の東京2歳優駿牝馬もストロングハートとはタイム差なしで、差しも可能なこのコースならまとめて差し切りも考えられる。好位でも競馬できるレースセンスも持ち合わせており、ここは陣営も力が入る。

ユングフラウ賞 予想 【連下△ ハタノサンドリヨン】

最後はハタノサンドリヨン。今回の一戦は、実績からは非常に力関係が把握しやすいメンバー構成。それというのも東京2歳優駿牝馬の上位3頭が揃った事と、これら上位馬との対戦成績が分かりやすいメンバーだから。このハタノサンドリヨンはローレル賞で2着しているが、このローレル賞では1着馬・3着馬・7着馬が東京2歳優駿牝馬で3位を独占している。となれば、この馬も十分優勝争いは可能なはずで、消耗が少ない分のアドバンテージを生かしたい。

↓↓最終的な馬券考察は↓↓

ユングフラウ賞 2018 [馬券考察]

  • 本命◎: 5グラヴィオーラ
  • 対抗○: 7ストロングハート
  • 単穴▲:11ゴールドパテック
  • 連下△:12ハタノサンドリヨン

馬券は2種類。馬複で馬番5を軸に相手7.11.12へ流す形(3点)と、3連複で馬番5.7.11.12のBOX(4点)、計7点で勝負!

[ユングフラウ賞:2018/2/13(水)-浦和競馬 第11R-16時15分発走予定]

※馬券購入に関しまして、自己責任でお願い致します。万が一、損害を被った場合でも、当方は一切の責任は負いかねます。予めご了承ください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA