きさらぎ賞 2018 出走予定馬 予想 |ダノンマジェスティなど1週前注目馬考察 | 本気競馬

きさらぎ賞 2018 出走予定馬 予想 |ダノンマジェスティなど1週前注目馬考察

syussouyoteiba

2018/2/4開催「きさらぎ賞(GⅢ)」に向けて、ダノンマジェスティ・ステイフーリッシュなど現時点での出走予定馬から注目度の高い馬達の動向と状況をチェックしていきます。

きさらぎ賞 2018 [1週前出走予定馬]

  • カツジ/牡3/池添兼厩舎・栗東
  • ダノンマジェスティ/牡3/音無厩舎・栗東
  • スラッシュメタル/牡3/西村厩舎・栗東
  • ステイフーリッシュ/牡3/矢作厩舎・栗東
  • ラセット/牡3/庄野厩舎・栗東
  • サトノフェイバー/牡3/南井厩舎・栗東
  • ニホンピロタイド/牡3/大橋厩舎・栗東
  • レッドレオン/牡3/角居厩舎・栗東
  • レーツェル/牡3/伊藤大厩舎・美浦
  • グローリーヴェイズ/牡3/尾関厩舎・美浦

■2018/1/24現在

きさらぎ賞 2018 [注目馬考察]

きさらぎ賞 出走予定馬 /ダノンマジェスティ

新馬戦は、1000m通過64秒1という超スロー。初めての競馬とあって折り合いを欠いてもおかしくない展開だったが、中団のインでしっかり対応。直線に向くとかなりモタれる仕草を見せたものの、アッサリ差し切って3馬身完勝。着差のつかない展開を思えば、これは大楽勝と言ってもいいだろう。全兄が皐月賞馬アルアイン。この馬もクラシックに乗ってくる器。

きさらぎ賞 出走予定馬 /ステイフーリッシュ

1戦1勝で臨んだ前走のGⅠ・ホープフルステークスが好内容3着。タイムフライヤーと併せた時にもうひと伸びできなかったのがキャリアの差とも言えるが、OPでも十分に戦えることは証明できた。春のクラシックへ向けて、賞金加算が必須。頭数手ごろとなりそうなここでしっかりと結果を出したい。

きさらぎ賞 出走予定馬 /サトノフェイバー

前走はスッと行き脚がつくと、すんなりハナへ。1000m通過が64秒9だけに展開面による恩恵も大きかったが、ラストもうひと伸びの内容はなかなかのものだった。526kgとかなりの大型馬だけに使った上積みも十分。ディープ産駒不振の今の京都なら、この馬が狙える。

きさらぎ賞 2018 [今後の動向]

2年前のサトノダイヤモンドを筆頭に、多くのクラシック馬・GⅠ馬を輩出する出世レース。今年も好素質馬が揃いそうなだけに楽しみが大きい。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA